講談社 コミックプラス

新人賞/アシスタント募集

2021年02月10日

第6回 月刊少年マガジンコミック大賞デビュー」 入賞者発表


第6回新人漫画賞 月刊少年マガジン コミック大賞デビュー!ショート部門に即戦力、登場! 新感覚ヒロインに編集部、悶絶!!<漫画部門>佳作3本+奨励賞8本+奨励賞まであと一歩!3本 <作画部門>特別賞3本 <ネーム部門>なし

野田宏先生&若松卓宏先生
野田先生
総評

どの作品もクオリティが高く、バラエティに富んでいて面白かったです。すでに完成された絵が描けている人が多く驚かされました。全体的に登場人物をきちんと絞って描かれているため、読みやすい作品が多い印象でした。設定や展開にこだわった力作が多かったのですが、そのためにページが膨らんでしまったり、キャラが弱くなってしまったりする部分に気をつけるとより一層素晴らしい作品になると思います。次作も楽しみにしています。

総評

若松先生
総評

どの作品も面白く読ませていただきましたが、設定や構成に寄りすぎず、キャラクターを描くことに特化された『さとりちゃんのさとり』が作品としては強く印象に残りました。個人的には読んだ後にどれだけ心に残るキャラクターを描けるかが重要だと思っているので、主人公を活かす為の話の構成や絵作りを心がけるとより良い作品になると思います。

総評
特別審査委員 総評
特別審査委員 前川たけし先生 村枝賢一先生 審査委員長 本誌 高見編集長審査副委員長 マガジンRチーフ

〈ショート漫画部門〉

賞金30万円
「SNSまで完璧な彼女」 塚本夢浩(32)岐阜県
あらすじ

平凡な少年・柏木が付き合うことになったのは、学校中のみんなの憧れ・ミレイさん。すべてが完璧に見える彼女だったが、実は柏木へのあふれでる愛情をツイッターの裏アカで爆発させることで、心と距離感のバランスを取っていて――!? 新感覚SNSラブコメ、爆誕!!!!


野田宏先生のコメント

ワンアイデアとキャラ同士の掛け合いのみで読ませる作品。ショート部門ならではで、現代っぽい漫画だと思います。やりたい事が明確なので、とても読みやすく面白かったです。ともすれば嫌味に見えそうな彼女の立ち位置も、絶妙なお馬鹿さ加減で可愛く見せるあたりキャラクターを大切にしているな、と感じました。振り回される男の子のリアクションも丁度良くて可愛く見えます。

野田宏先生のコメント

若松卓宏先生のコメント

絵の雰囲気はとても可愛らしくて良かった。とにかく女の子のキャラが可愛いので完璧だと言われている彼女の様子を、台詞でだけではなく絵でもっとわかりやすく見せてくれると実はポンコツだったというキャラに説得力が増し、さらに読みやすくなるかと。あと可愛い女の子には可愛い身体も大事なので、女の子のしぐさや服のシワにも拘わりがみえてくるとより良い作品になるかと思います。

若松卓宏先生のコメント

高見編集長のコメント

現代的なテーマを見事にコメディに落とし込んで、完成度が高いです。画力には向上の余地があり、今後に期待。もう少しだけ長いページにして、普段のヒロインがいかに完璧なのかを描けば、ポンコツっぷりとのギャップが演出できたのでは?

高見編集長のコメント
「SNSまで完璧な彼女」
〈漫画部門〉
賞金30万円+若松卓宏先生特別賞3+万円マガジンRチーフ特別賞3万円
「さとりちゃんのさとり」 河原夏翔(22)京都府
あらすじ

発明の天才・神崎さとりは、勉強は苦手で学校では“ポン才”と馬鹿にされている。ある日、さとりは母親からテストで全科目平均点以上をとれなければ、発明品をすべて捨てると言われーー!? ちょっと不思議でとても優しい青春ストーリー!


野田宏先生のコメント

”天才ゆえの孤独”という設定がうまく生かされているな、と思いました。徐々に心を開いていく主人公の感情の変化が丁寧に描けていて良かった。サブキャラ達もみんな嫌味がなくて読みやすかったです。ドラマを優先するために、多少強引な展開になっているところにだけ気をつけたいです。

野田宏先生のコメント

若松卓宏先生のコメント

クセのある主人公を周りのキャラとのテンポの良い絡みや、背景や小物をしっかり使って読者にしっかりと「この人はこう言う人間です」と伝える力は見事。後半の展開は多少強引なもののキャラクターの感情を伝えるための構図や演出をしているのは好印象でした。

若松卓宏先生のコメント

高見編集長のコメント

他人の心が理解できない少女の一人称で、初めは感情移入しづらいのですが、徐々に好きにさせる力量は見事。発明品のリアリティに統一感がなく、コメディなのかシリアスなのかが、やや曖昧になってしまいました。

高見編集長のコメント
「さとりちゃんのさとり」
賞金20万円+初受賞3万円
「■■■■■■■・■■■■■」 エターナル14歳(22)長野県
あらすじ

『惡魔』の存在が認定されて80年。惡魔と契約を交わした者…通称『血盟者』の手により、人類文明は壊滅状態に追い込まれていた!ヨハンは己の正義に従い、血盟者を狩る聖裁刑団の一員として活動をしていたが、「死んだはずの想い人」が現れ、世界の理に反旗を翻す事にーー。


野田宏先生のコメント

なんといっても作画のクオリティと安定感が凄かった。 ファンタジー読切の宿命として、読者が覚えないといけない設定が増える、という部分があると思いますが、それも妥協のない画面作りと、かっこよさで物語を最後まで読ませる力があります。主人公に良い意味での'隙'があったりすると、より読者に愛されるキャラができると思います。

野田宏先生のコメント

若松卓宏先生のコメント

とにかく絵がうまい!見せ場も目が止まる工夫がされていて、自分がカッコいいと思う絵をしっかりと描ける画力は見事でした。ただ敵の設定が強調されすぎてて、主人公の強みが若干分かりにくかったのが勿体無いなぁという印象です。絵力があるのでキャラの感情をより丁寧に見せる工夫をするとさらに良い作品になると思います。

若松卓宏先生のコメント

高見編集長のコメント

細部に至るまで描き込まれていて、魅力的な画面です! 敵味方の構図が複雑すぎて、肝心の主要人物が目に飛び込んでこない感があります。次回はシンプルな物語の中に、キャラの心情を思う存分詰め込んでみてください!

高見編集長のコメント
「■■■■■■■・■■■■■」
賞金20万円
「おもひで はせる」 村松大和(23)静岡県
あらすじ

骨董品店を営む父と死別した高校生・優馬は、死を受け止められず店と距離を取って過ごす。そんなある日の放課後「昭和レトロ」を愛する千鶴と出会う。優馬の実家が骨董品店だと知った彼女は、一緒に行きたいと言い出して…? ”思い出”で紡ぐノスタルジック・ラブストーリー!


野田宏先生のコメント

独特で温かみのあるタッチで一コマ一コマ丁寧に描かれた絵柄が印象的でした。背景や小物までとてもこだわっていて、作者さんが本当に「昭和レトロ」を愛しているんだな、と感じます。キャラの立たせ方、表情なども自然で、一作を通して主人公が成長出来ているので読後感が良いです。

野田宏先生のコメント

若松卓宏先生のコメント

ストーリーも絵もとてもバランスが良く、読後感の良さは素晴らしいと思います。暖かみのあるタッチで、画面作りにも工夫があるのも良い。次はどんな人に読んで欲しいのかをしっかりと決めて描くといいかも。少年マンガにしては大人しい作品だったので、次回作は少年マンガをより強く意識した作品を読んでみたいです。

若松卓宏先生のコメント

高見編集長のコメント

テーマの独自性と丁寧な心理描写は買い、です。主人公の行動動機が、読者の欲望に根差さないものであるせいか、読むための動機に乏しい印象でした。自分が描きたいことと読者が望むもの、その接点を探ってください。

高見編集長のコメント
「おもひで はせる」

賞金15万円 野田宏先生特別賞+1万円 初受賞+3万円

「海底エンドステージ」 在原昇太(28)埼玉県

「海底エンドステージ」

野田宏先生のコメント

お芝居という漫画で表現するのが難しそうな題材を、見せ方の努力でうまく表せているなと感じた。物語の構成、台詞、コマ割りまできちんと考えられていて、テンポよく読むことができました。癖がなく可愛いキャラが作られていて、読切を通してちゃんと成長できているのが素晴らしいです。表情にこだわると、さらに良くなると思います。

野田宏先生のコメント

高見編集長のコメント

「海に潜る」という描写が、キャラ同士の紐帯に繋がる展開は鳥肌ものでした。絵柄が可愛くて、丁寧な作画も好感。物語に読者の興味を引く謎がなく、ただ流れを追うだけにさせられてしまうのは残念でした。

高見編集長のコメント

賞金15万円+初受賞3万円

「BLUE STARS」モリキアカネ(28)神奈川県

「BLUE STARS」

高見編集長のコメント

大掛かりな設定があまり物語に活かされず、ページが膨らんでしまいました。ラストはどんでん返しの連続で、作者のサービス精神を感じます。画力の強化と共に、シンプルかつ魅力的な設定を研究してみては?

高見編集長のコメント

奨励賞

「Night Stalker」長門紡玖(22)兵庫県

「Night Stalker」

高見編集長のコメント

緻密な作画と高い美意識に惹きつけられます。一方、設定が複雑すぎて、理解に困る点が多々ありました。もっと単純に「強くなりたい」「モテたい」などの卑近な欲望を叶える物語を描いてみてはいかがでしょうか。

高見編集長のコメント

奨励賞

「マンション」高橋翔太(31)山形県

「マンション」

高見編集長のコメント

手堅い造りで、絵も上手い。豊富なアイデアに感心しました。反面、キャラの心情が希薄に感じられてしまいます。感情移入をうまく使って、読む人にいかに快感を与えるかという点が、今後の課題だと思います。

高見編集長のコメント

奨励賞

「シリタイアカニシ」 西村拓朗(21)大阪府

「シリタイアカニシ」

高見編集長のコメント

基礎画力が高く、スタイリッシュな絵柄に惹きつけられました。ネタのわりにページ数が多く感じられてしまい、パンチに欠けます。恋愛要素を入れるなど、より読者を楽しませるための工夫も欲しいところです。

高見編集長のコメント

奨励賞+初受賞3万円

「タピオカ式 吸血少女の夜」野口 晃(23)埼玉県

「タピオカ式 吸血少女の夜」

高見編集長のコメント

ラブコメ⇒ホラー⇒バトル⇒ラブコメと、目まぐるしく物語が展開するのに、ディテールがしっかりしているおかげで、スムーズに読めます。課題はとにかく画力。キャラのデザインと表情を中心に磨いてください。

高見編集長のコメント

奨励賞

「いつかの寿命」 山田高房(22)愛知県

「いつかの寿命」

高見編集長のコメント

丁寧な作画に好感。リモコンの例え話で設定をわかりやすく伝えてくれました。死神の素顔が良いだけに、もっと序盤から見たかったです。また、物語の結末が予想できてしまうので、意外性を追求してください。

高見編集長のコメント

奨励賞

「夜城怪異探偵事務所の事件録」あつもりそう(23)埼玉県

「夜城怪異探偵事務所の事件録」

高見編集長のコメント

前作から画力は格段にアップしています。ミステリが題材なのに謎が提示されず、キャラの意外性が見えるのも遅いので、退屈に感じられてしまいました。長い物語を描くためには、構造についての研究が必須です。

高見編集長のコメント
奨励賞まであと一歩!1万円 ベストエモ賞「ぼくはきみの」駅家伸行(23)
奨励賞まであと一歩!1万円 ベスト青春賞「不安の種」山下萌(20)
奨励賞まであと一歩!1万円 べストヒロイン賞「雪國の百合花」がいかん。(28)
〈作画部門〉

高見編集長特別賞3万円

渋谷浩樹(24) 東京都

渋谷浩樹(24) 東京都

高見編集長のコメント

上手い! 可愛い!! エロい!!! …ただし、少年誌におけるサービス精神の限度については、吟味してほしいです。

高見編集長のコメント

マガジンR特別賞

齋藤玲音(21)東京都

齋藤玲音(21)東京都

マガジンR特別賞

屋島(26)東京都

屋島(26)東京都

即戦力求む! 作画部門 課題ネームはコチラに掲載中!

受賞まであと1歩! 最終選考進出作品

次回以降のグランドチャレンジの詳細はコチラ!!

ページトップ