講談社 コミックプラス

新人賞/アシスタント募集

2020年02月06日

第2回 月刊少年マガジンコミック大賞デビュー」 入賞者発表

第2回新人漫画賞 月刊少年マガジン コミック大賞デビュー! 入賞者発表  月マガ新人賞初! ショート漫画部門から大賞出る!!!!
〈漫画部門〉入選1本+準入選1本+佳作2本+奨励賞7本 〈ショート漫画部門〉大賞1本+奨励賞2本 〈作画部門〉入選1本 〈ネーム原作部門〉なし

鏡貴也先生
総評

魅力的な作品ばかりでずっと楽しく読めました。今回は題材が尖ったものも多く、まだほんの少し力量が足りなくて読ませきれない作品も、自分だったらこの設定をどうするだろうか、などを考えながら読みました。それだけ、おもしろい設定の作品が多くありました。新人賞のいいところは、「売れる」ということに対しての意識が低い分、自由さがあるところだと思います。みなさんの若い情熱に触れて、僕も触発されました。と同時に、この発言は前文とは矛盾してしまうのですが、プロとして他のプロと戦っていくという「売れること」についての意気込みがもっと最初からあってもいい気がします。結局、デビューしたらプロと戦わなければならないので、「世界を変えるぞ」という情熱と、プロたちとの比較、その両方にバランスよく挑戦していってほしいです。

総評
特別審査委員 総評
特別審査委員 前川たけし先生 村枝賢一先生 審査委員長 本誌 高見編集長審査副委員長 マガジンRチーフ

『佳作』以上受賞作は、全作品こちらに掲載中!

〈ショート漫画部門〉
ショート漫画部門 大賞 賞金50万円+CLIP STUDIO PAINT EX+Wacom Intuos Pro Medium
「猫になっても夜露死苦!!」石田万(23)神奈川県
あらすじ

「返り血の虎司」として恐れられたヤンキーが、事故に遭い死んでしまった。だが何の因果か、彼は猫として生まれ変わることに!! 猫の姿でもツッパリたい虎司。でも皆には猫として可愛がられ…!? 「俺を猫扱いするのはやめろォ!!」 可愛すぎ注意のアニマルコメディ!!


新川直司先生のコメント

すでにこの題材においては完成の域に達していると思いました。とにかくかわいくてもだえました。コマが大きく少ないのに、そこの中にあるかわいさとメッセージの情報量が多く、力を感じました。大ゴマの緩急だけで魅せてしまうこの力が、猫だけではなく、泣き・ストーリー・恋愛・日常でも発揮できるのであれば、ぜひそれも読んでみたいです。

前川たけし先生のコメント

高見編集長のコメント

コンパクトに読めて、心がほっこりします。これは企画の勝利ですね。特に猫好きに刺さる内容なわけですが、そうでない人にとっては物足りないかも。ネタの精度と画力を上げて、広い読者層から愛される作品作りを志してほしいです。

高見編集長のコメント
★「連載&単行本化権」獲得!★ ★「月刊少年マガジン3月号」に掲載中!★

奨励賞 賞金10万円+ベストヒロイン賞1万円

「オタサーの王子さま」鹿本雄介(29)静岡県

「オタサーの王子さま」鹿本雄介(29)静岡県 ★ベストヒロイン賞★

高見編集長のコメント

読者にページをめくらせる力がすごい。基礎的な能力は新人作家の領域ではありません。飛び抜けた評価にならなかったのは、人物造形と設定に「華」が不足しているため。冒頭でいかに読者を惹きつけるかを強く意識してください。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金10万円

「少女マンガに憧れて」西村拓朗(20)大阪府

「少女マンガに憧れて」西村拓朗(20)大阪府

高見編集長のコメント

漫画としては線が細すぎますが、基礎画力が非常に高く、シュールなネタともマッチしていました。ギャグ/コメディ作品としてはラストが盛り上がり切らなかったのが残念。次回作では、ネタの爆発力と配分を計算してみては?

高見編集長のコメント
〈漫画部門〉
漫画部門 入選 賞金50万円+CLIP STUDIO PAINT EX+Wacom Intuos Pro Medium+初受賞3万円
「C.M.A」坂本開(31)東京都
あらすじ

魔法が存在する島国「リディリア」。違法魔術を取り締まる組織「C.M.A」に所属するクローゼは、友人・キリマの生活を支えるため働く。しかし彼女はそのお金で、貧しい人達の病を治療するため、違法魔術に手を出していた。それは、徐々に彼女の身体を蝕んでいき…?


新川直司先生のコメント

世界観をすごく感じました。絵がうまい。C.M.Aが登場するときがかっこよくてワクワクしました。しかし世界観がせっかくあるのに、キャラクターがなぜその行動をしているかの作り込みがないので、内容に感情移入できなかったのが残念でした。それでも魅力に感じさせてしまう絵の魅力と世界観。たとえ内容がなく、キャラクターが立っていなくても、読みやめさせないというのはパワーがあると思います。もしこれできちんとキャラクターが立ったら強いので、ぜひ頑張ってください。

前川たけし先生のコメント

高見編集長のコメント

特に冒頭部分の演出がカッコよく、血の温度が上がりました。主人公の行動動機に統一感がないため、物語に入りづらいです。ラストの展開も、もっと意外性を追求すべき。実力は十分なので、欲張って高みを目指してください。

高見編集長のコメント
「C.M.A」坂本開(31)東京都 ★「マガジンR2号」に掲載中!★
準入選 賞金30万円+CLIP STUDIO PAINT Pro
「リライフ」森野十梨(23)愛知県
あらすじ

幼くして両親を亡くした少女・椿。彼女の職業は…「殺し屋」。だがある日、殺しの現場を同業者である狐塚に目撃される。狐塚を警戒していた椿だったが、陽気な彼と接していくうちに「平和な日常」への憧れが芽生え…。殺し屋の少女は幸せな明日を迎えられるのか?


新川直司先生のコメント

爽快感のある展開になるのだろうなぁと思いながら読んでいき、ちゃんとそうなりました。一定の爽快感までたどりついていました。しかし、これをやるのであれば、もっと読者の予想を超える、ぶっちぎった「ご都合爽快」まで至らないとオリジナリティは出てこないので、勉強していくといいと思います。僕は最初読み違えていて、二回目の殺しにヒロインが行ったシーンで、家では妹が主人公に殺され、自分の罪についての物語になるかもと緊張しました。ヒロインは人を殺してしまっているので、「爽快救済」へもっていくには読者的に対価がいる可能性があるからです。この題材は、もっとダークさと明るさの緩急をつけられたら泣けた気がします。前半の絵柄的にそれができる力と可能性を感じました。

前川たけし先生のコメント

高見編集長のコメント

コメディ部分の会話に淀みがなく、確かな実力を感じます。ただ、今作はハードな設定とのバランスをやや欠いていた印象。絵的な緩急が足りないせいかもしれません。ラストの盛り上がりには、派手な絵場面が欲しかったです。

高見編集長のコメント
「リライフ」森野十梨(23)愛知県  ★2月20日(木)発売「マガジンR3号」に掲載!★
佳作 賞金20万円
「家無しガゼの骨折り不動産」誇中豆一(29)香川県
あらすじ

遠い未来。人類は新惑星へ入植する。しかしそこには巨大モンスターたちが跋扈していた。どこに隠れ住んでも捕食される人類が選んだ住処。それは「モンスターの体内」だった! そんな世界でひっそり不動産屋を営む男・ガゼ。彼が薦める物件(モンスター)とは…!?


高見編集長のコメント

奇天烈な世界観の描き込みがすごい! ややその想いが先走りすぎて、読者を置き去りにした感が。奇抜な設定を馴染みあるものにするためには、キャラの感情が大切。行動動機に繋がる、気持ちの部分をきちんと説明してください。

高見編集長のコメント
「家無しガゼの骨折り不動産」誇中豆一(29)香川県 ★月マガHPに掲載!★
佳作 賞金20万円+高見編集長特別賞3万円+初受賞3万円
「正義の執行者」潮招(19)徳島県
あらすじ

昔、「深淵」と呼ばれる魔物と、黒き鎧を纏う「黒の騎士団」の戦いがあった。やがて「深淵」は倒され、平和が訪れた…はずだった。黒の騎士団が、その力で民を苦しめ始めたのだ。人々を救いに現れたのは、白き鎧を纏う謎の騎士。正義の名のもとに戦う彼の正体とは!?


高見編集長のコメント

すごく単純なストーリーながら、ひたすらカッコいい! 演出の上手さと台詞の切れ味にしびれました。人物の造形にはまだ課題が。特に女の子キャラを可愛くエロく描けたら、一段上にいけます。とにかく描きまくって、才能を磨いてください。次回作に期待しています!!

高見編集長のコメント
「正義の執行者」潮招(19)徳島県 ★高見編集長特別賞★ ★月マガHPに掲載!★

奨励賞 賞金15万円+鏡貴也先生特別賞3万円+初受賞3万円

「KIVA ─キバ─」早川おしり(21)東京都

「KIVA ─キバ─」早川おしり(21)東京都 ★鏡貴也先生特別賞★

新川直司先生のコメント

なんだかずっと魅力がありました。表情とセリフと間合いで読み切れちゃいます。世界観への間合いも上手。読み終わって、「ウオー、これ21歳かよー」と声を出しました。これ、ファンタジーじゃなくても、普通の題材で、たとえば普通のやりとりでお客さんを泣かせてくださいとか、ご都合ド定番をあなたの作風で書いてくださいとか言われて、それを自分流に調理できるようになったら、絶対読んでみたいと思える人でした。がんばってください。

前川たけし先生のコメント
高見編集長のコメント

これだけ物語を展開させて、このページ数に収めているのは並大抵ではありません。読者のイメージを喚起する絵作りも含めて、すごく贅沢な作品でした。ヒロインの造形にカッコよさと可憐さがもっとあれば…。次回作に期待大です!!

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+マガジンRチーフ賞3万円+初受賞3万円

「瀬尾には手をつけられない」水見悠助(26)埼玉県

「瀬尾には手をつけられない」水見悠助(26)埼玉県 ★マガジンRチーフ賞★ ★3月20日(金)発売「マガジンR4号」に掲載!★

高見編集長のコメント

アイデアは秀逸。コメディなので、短いページでシーンを切り替えて、どんどんエスカレートさせるのが理想。その点、やや展開が甘く、中だるみしてしまいました。この設定ならば、女の子の造形はもっとエロくてもいいのでは?

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円

「ライフライン」川口優太(27)千葉県

「ライフライン」川口優太(27)千葉県

高見編集長のコメント

夢を諦めた主人公にリアリティーあり。そんな彼が立ち上がる、メインテーマとしての格闘技に、アイデアやネタが足りないのが残念でした。きちんと調べなければ、迫真の嘘はつけません。取材や資料集めも漫画の実力の内です。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初受賞3万円

「少女は叫び、めくる一頁」マキノハルマキ(24)東京都

「少女は叫び、めくる一頁」マキノハルマキ(24)東京都

高見編集長のコメント

ビブリオバトルという難しいテーマを描き切ったことに拍手。やや焦点が絞り切れず、ページ数が膨らんでしまいました。絵の描き分けにも課題が。モブの人物とハッキリ差をつけて、読者の目を主人公たちに向けましょう。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+ベストファーザー賞1万円

「夢幻の息吹を喰べる」江丸瑛(20)千葉県

「夢幻の息吹を喰べる」江丸瑛(20)千葉県 ★ベストファーザー賞★

高見編集長のコメント

ナレーション過多で、文字で説明しすぎています。十分に絵が上手いのだから、キャラの表情や背景の一枚絵だけでも、雄弁に感情や状況を語れるはず。主人公の動機の幼稚さが、早いうちから読者に透けてしまうのも難点でした。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初受賞3万円

「深層から」バク(27)埼玉県

「深層から」バク(27)埼玉県

高見編集長のコメント

戦国の剣豪と現代の歴女という、ワクワク感ある設定。若干シリアスとコメディのバランスが悪く、 どう読めばいいのか戸惑う部分がありました。端正な絵柄ながら既存作家の影響が色濃いので、いかに崩せるかもポイントかと。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+ベストファーザー賞1万円

「夢幻の息吹を喰べる」江丸瑛(20)千葉県

「夢幻の息吹を喰べる」江丸瑛(20)千葉県 ★ベストファーザー賞★

高見編集長のコメント

美しさと残酷さが同居する世界観を描き切っています。表現力が高く、画面が豊かな空気に満ちている。それはすごい才能です! 物語はやや淡々としていますので、次回作はエンタメに振り切ったスペクタクルを見せてください。

高見編集長のコメント
〈作画部門〉
入選 賞金20万円
「SAKUGABUMON」長門紡玖(21)兵庫県
高見編集長のコメント

お題のネームを自分のものに消化する力が抜きん出ています。見開きの画面の迫力に惹きつけられました。人物造形はまだ伸びる余地がありそうで、期待が高まります。一刻も早くデビューして、本誌で存分に実力を発揮してください!

高見編集長のコメント
「SAKUGABUMON」長門紡玖(21)兵庫県

即戦力求む! 作画部門 課題ネームはコチラに掲載中!

受賞まであと1歩! 最終選考進出作品

次回以降のグランドチャレンジの詳細はコチラ!!

ページトップ