講談社 コミックプラス

新人賞/アシスタント募集

2021年05月06日

第7回 月刊少年マガジンコミック大賞デビュー 入賞者発表


第7回新人漫画賞 月刊少年マガジン コミック大賞デビュー!ハイレベルな才能が勢揃い!!!!幅広いジャンルの作品にチャンスあり!!<漫画部門>準入選4本+佳作4本+奨励賞6本+特別賞1本 <ネーム部門>奨励賞2本 <作画部門>奨励賞2本 <ショート部門>なし

加瀬あつし先生
総評

まず作家たちの年齢が20代前後が多いことに驚きました。ジャンルも様々で、売れているマンガの模倣ではなく、自分の世界観で勝負していてイイと思いました。
準入選『晴れ女の告白』には、完全に読者にされて感動し、佳作では自分の見ている空の色を考えさせられる『SKY PALETTE』が印象に残りました。奨励賞の『一番線が行く頃に』も、電車と競争している女の子という発想が斬新でよかった。
僕は新人賞を佳作でスタートしました。上には入選のヤツがいて(八神ひろきさん)、週刊で連載を始めても常にアンケートで上のヤツがいて、いつもそれをバネに続けていました。でも反骨だけで漫画を続けるのは辛いものです。漫画は読者に影響を与えます。読者を幸せにするだけでなく、悩んでいる人の道を照らすきっかけにもなります。読者に上を向かせる夢を売る作家(プロ)を目指して頑張ってください。

総評
特別審査委員 総評
審査委員長 本誌 三村編集長 審査副委員長 マガジンRチーフ
〈漫画部門〉
賞金30万円+加瀬あつし先生特別賞3万円+初受賞3万円+ベストヒロイン賞1万円
「晴れ女の告白」 今際イムラ(20)宮崎県
あらすじ

「告白するなら、晴れじゃないと!」ドライヤーを吹かすことで、天気を1日に1回「晴れ」に変えられる女子高生・旭。想いを寄せる同級生・沫田に毎日告白を試みるも、いつも緊張しちゃって上手くできず…? 不可思議ガールミーツボーイ・ラブコメディ!


加瀬あつし先生のコメント

めちゃくちゃイイとおもいました! 初見ですんなり入ってくる話の運び、女の子視点のストーリーもかわいいから気にならない。ヤマの告白シーンのアイデアが秀逸。二人とも伝えたくとも口に出せない谷から、雨男と晴れ女で花が咲く!のアイデア!
一読目で「おおーっ!」と声を出してしまいました。やはり読み切りはアイデアが肝だなと改めて感心させられました。大好きな短編です。ベリーグッド!

加瀬あつし先生のコメント

三村編集長のコメント

小ネタ含め、人物の芝居に繊細な工夫が凝らされていた。また表情変化がしっかり描かれていて、主人公の感情に素直に乗っていくことができ、とても楽しく読みました。天候描写と感情表現の相性の良さを再確認できる作品。

三村編集長のコメント
「晴れ女の告白」
賞金30万円+マガジンR特別賞3万円+初受賞3万円+ベストポテンシャル賞1万円
「太陽の血の男」 奥村勇(27)東京都
あらすじ

「バンパイア病」がはびこる世界。バンパイアが触れると燃えてしまう「太陽の血」を持つ少年・アジエンスは、研究者のチェルシーに想いを伝えられずにいた。そんなある日、バンパイアの大軍が攻めてきて!? 熱烈バンパイア・カンフー・アクション!!


加瀬あつし先生のコメント

構成や見せ方がまだ荒いが、新人らしい勢いのある作品。特に、女性キャラに色気があってイイ! キスシーンがうまく、エロくて見入ってしまう。これは武器だと思います。 戦闘シーンは迫力あるが、主人公の過去の傲慢なキャラ付けが、少々取ってつけた感があります。ヒロインのキャラは描けてると思うので、主人公の絵柄の工夫+キャラには印象に残る個性をつけて、存在感のある主人公を描けるかが課題だと思います。

加瀬あつし先生のコメント

三村編集長のコメント

吸血鬼もので、主人公の技がカンフー。またキャラのやり取りにちりばめられた小ギャグとテンポの良さでとても楽しく読みました。1話を通してのテーマのようなものがあると、さらに良くなる気がします。次作も楽しみです。

三村編集長のコメント
「太陽の血の男」
賞金30万円+ベストアート賞1万円
「ダット・ダット・マインストリート」 水見悠助(28)埼玉県
あらすじ

キレイでデジタル化も進んだ『柵の中(インサイド)』の都から、ダーティーで路地絵(グラフィティ)に埋め尽くされた『柵の外(アウトサイド)』の街へやってきた女の子・シロフネ。実は、この街に一番いちゃいけない“地雷女”だった! 路地絵描きのクロオは、彼女の「命に関わる目的」に巻き込まれ…!?


加瀬あつし先生のコメント

かわいい話。年齢に見合って絵もしっかりしていました。トーン最小限の作画も、「落書きだらけの街」を見やすくしていてグッド。が、読みやすいだけに谷がなく、感情の変化が乏しく、ストーリーが平坦に見えたのも事実。ヒロインの抱えているものが足りないのかもしれません。ヒロインの内面的な描写を増やしてストーリーに厚みを持たせ、読者の印象に残るヤマ場をつくる工夫とか…どうでしょう?

加瀬あつし先生のコメント

三村編集長のコメント

圧倒的な背景書き込みによる世界観の構築と、絵が実在化するアイデアが素晴らしかった。登場人物の表情にもう一歩バリエーションがあって、主人公の表情で心情の変化を表せるとさらに物語が深くなると思います。

三村編集長のコメント
「ダット・ダット・マインストリート」
賞金30万円+初受賞3万円
「俺の愛は永久に不滅です!!」 神羊弱虫(19)大分県
あらすじ

高校生・後藤ケンジは、片想いの相手・マナへの告白を決意し、見事成功! だがマナは、余命僅かな元彼に「他の人と幸せになって」とふられたばかりで、未練があると言う。そんな彼女のために、自分の愛を叫ぶケンジだったが、その直後にトラックに轢かれ!?


加瀬あつし先生のコメント

最初、ホラーなのか? ギャグなのか? 受け止め方がわからず迷ったが、まじめな内容で正直驚きました。「愛とは自己犠牲?」をテーマに、三人のキャラ各々の自己犠牲を描く人間模様で、短編のテレビドラマや舞台のよう。絵はまだまだだが、要所でインパクトのあるカットもありました。19歳でこの感覚を持っている作者に驚くと共に、この作品が今の若い読者にどう映るのか知りたいと思いました。

加瀬あつし先生のコメント

三村編集長のコメント

アイデアが豊富で、スピーディな展開に引き込まれた。三者三様の考えとエゴがきっちり表現されているのもとても良く、実力を感じた。共感できるキャラが一人いると、一層の読みごたえを感じられたかもしれません。

三村編集長のコメント
「俺の愛は永久に不滅です!!」
賞金20万円+初受賞3万円+ベスト青春賞1万円
「SKY PALETTE」 あじな優(29)東京都
あらすじ

何にでも、誰にも負けたくない高校生・赤井空。テストでも行事でもいつも一番、負けなしの日々。そんな彼にも、どうしても勝てない“敵”がいた。同じ美術部の虹音杏。彼女の描く空の美しさに、思わず魅せられるのが悔しい。だが、その虹音が見ているのは…?


三村編集長のコメント

構図に工夫があり、コマ割りがうまい。引きや風景の絵をうまく使っていてセリフ回しも秀逸。やや気になったのは主人公はじめキャラクターの顔。最後の笑顔がビシッと決まればさらに感動が深かったと思います。

三村編集長のコメント
「SKY PALETTE」
賞金20万円+初受賞3万円
「LaLa」 水城謙三(22)福岡県
あらすじ

ある夜、空一面を流星が覆った。その中の一つが、孤独な青年・暁影りつの自宅近くに落ちる。隕石は数メートルほどの光り輝く宝石のようで、中には可愛らしい女性・ララが入っていた。やがて世界各地で隕石の影響による現象が頻出するが、ララは何かを秘めているようで……。


三村編集長のコメント

意外な展開に一気に読み切った。生命間のエゴの対立。孤独と愛。テーマが明確で骨太なSF。二人の生活の中での「束の間の幸せ」のシーンが描かれていたらさらに良かったかもしれない。

三村編集長のコメント
「LaLa」
賞金20万円+ベスト熱血賞 1万円
「デュアルルガ」 高橋翔太(31)山形県
あらすじ

制御を失い事故を起こすロボット「暴走従機(ワンダー)」が社会問題となっている世界。対暴走従機部隊の隊長だった父親を亡くした車いすの少年・緋鳥アツキは、鬱屈とした日々を送っていた。そんなある日、アツキは廃品処理所で謎の美少女ロボット・リフィと出会い――!?


三村編集長のコメント

ロボットバトルアクション大作。主人公の設定に新しさを感じた。ヒロインもかわいい。ロボットSFを描くのであれば、舞台やメカデザイン、テーマ設定をさらに工夫する必要があると思います。

三村編集長のコメント
「デュアルルガ」
賞金20万円
「宇宙人の7日間」 矢崎えり(20)大阪府
あらすじ

「相手が自分を友達と認めれば合格」——宇宙史上屈指の難易度を誇る『変身資格試験』に合格するため、地球人の高校生に擬態しているソラト。お人好しのクラスメイト・戸辺に目をつけ、正体がバレないよう、戸辺と仮初めの友情を築いていくソラトだったが…。


三村編集長のコメント

「変身資格試験」というアイデアとラストの余韻が良く、途中に挟まれるギャグも面白かった。主人公二人のギャグや味のある会話がもう少し詰まっててもよかった気もするが、読み切りとしての完成度は高い。

三村編集長のコメント
「宇宙人の7日間」

『佳作』以上受賞作は、全作品こちらに掲載中!

賞金15万円

「一番線が行く頃に」 渡辺優花(20)福岡県

「一番線が行く頃に」

三村編集長のコメント

ミナトが早見さんをおぶって走るラストシーンはまばゆかった。青春の鬱屈した気持ちがうまく描かれていてみずみずしい作品。ただ、ミナトが走ることをやめようとする理由に、説得力が少し薄かった気もします。

三村編集長のコメント

賞金15万円

「後の先」尾玉弱師(21)福岡県

「後の先」

三村編集長のコメント

柔道経験者ならではの目線がしっかりしていて、物語が主人公の感情表現と、現実描写の確かさ(しっかりした知識と作者の見識)の両輪でしっかり編まれていた。ぜひこれからも王道のスポーツ漫画にチャレンジしてください。

三村編集長のコメント

15万円+初受賞3万円+ベスト妖怪賞1万円

「怪怪凡凡」トミーート(20)大阪府

「怪怪凡凡」

三村編集長のコメント

好きなものを詰め込んで作った感じがして好感度が高かった。キャラクターの絵に独特の色気と雰囲気があり将来性を感じた。これからも好きなものを増やし漫画をどんどん描いていくことで、設定のオリジナリティも磨かれていくと思います。

三村編集長のコメント

15万円+初受賞3万円

「きみはぼくの」丸乃萌生(27)岡山県

「きみはぼくの」

三村編集長のコメント

確かな画力を備えた方で、またバディものサスペンスに挑んだチャレンジ精神は買い。アクションシーンも面白かった。脳を入れ替えられるという設定をもう一歩生かしてほしかったです。

三村編集長のコメント

15万円+初受賞3万円

「ウェイオヴライフ」 慶(20)広島県

「ウェイオヴライフ」

三村編集長のコメント

ラストのページはじめ、キャラクターの顔に色気があり、カッコいい! キャラクター設定や悪魔のデザインなど、粗もありますが、それ以上に将来性を感じました。キャラの顔は大きな武器になります。さらに磨いてください。

三村編集長のコメント

15万円+初受賞3万円

「変異少年」西塵(22)北海道

「変異少年」

三村編集長のコメント

トーンを一切使わず、背景含めものすごい量の繊細な線で描きこまれていて感心しました。ただ、背景とキャラクターの線のトーンが一緒で、キャラクターの白さがかえって目立ってしまった。造形含め、キャラクターを磨いてください。

三村編集長のコメント

三村編集長特別賞3万円

「最高の1枚を撮りたい少年が幽霊部員のような彼女と最高の写真を撮る話」 大橋拓斗(18)群馬県

「最高の1枚を撮りたい少年が幽霊部員のような彼女と最高の写真を撮る話」

三村編集長のコメント

写真部二人の関係がほほえましく、楽しく拝読しました。ラブコメなのかギャグなのかもう少し絞ってみてもよかった気がします。ラブコメの場合は、二人のシーンに驚きのあるアクションを!

三村編集長のコメント
〈ネーム原作部門〉

奨励賞5万円

「GHOSTED SHIP 幽情」 蒼舵(26)東京都

「GHOSTED SHIP 幽情」

三村編集長のコメント

言葉に迫力があり、アイデアも豊富な方だと思います。ただどうしても、「復讐のために自分のしたかった劇をさせる」、という設定にやや無理を感じてしまった。キャラクターの動機の説得力のようなものがもう一歩ほしいです。

三村編集長のコメント

奨励賞5万円

「魔法がある世界の恋は?」新井翼(27)神奈川県

「魔法がある世界の恋は?」

三村編集長のコメント

ファンタジー×恋愛。キャラクターがかわいらしく、舞台設定もキャッチ―。とはいえ、キャラクター設定、特にアルトの設定は一考してもいいかもしれません。多少設定を変えたうえで、連載を目指してほしいと思っています。

三村編集長のコメント
〈作画部門〉

奨励賞5万円

大高稲(31)宮城県

大高稲(31)宮城県

高見編集長のコメント

とても美麗な絵。引きの構図もしっかり使われていて、どこでだれがどう動いているかがとても分かりやすかった。

高見編集長のコメント

奨励賞5万円

9兵衛(32)埼玉県

9兵衛(32)埼玉県

高見編集長のコメント

確かな画力と凝った構図で迫力のあるアクションとなっていた。また、最後に出てくる女の子もかわいい。

高見編集長のコメント

即戦力求む! 作画部門 課題ネームはコチラに掲載中!

受賞まであと1歩! 最終選考進出作品

次回以降のグランドチャレンジの詳細はコチラ!!

ページトップ