講談社 コミックプラス

新人賞/アシスタント募集

2017年05月02日

第37回 月刊少年マガジン・マガジンR 新人漫画賞 グランドチャレンジ入賞者発表

第37回 月刊少年マガジン&マガジンR新人漫画賞グランドチャレンジ 新しい才能、続々登場! なんと約70%が初受賞者だ!!
〈漫画部門〉佳作1本+特別奨励賞2本+奨励賞7本 〈ショート漫画部門〉奨励賞1本 〈ネーム部門〉奨励賞1本
審査委員 総評
前川たけし先生
総評

受賞者の皆さんおめでとうございます。若い人の漫画技術が確実に底上げされているのを感じます。最年少受賞者『ゴーストライナー』の作者、三ヶ嶋さんは17歳とは思えないほどの手慣れた語り口で、淀みなく読ませる技術に舌を巻きました。個人的にはもっと上の賞でも良いと思える完成度です。受賞作はどれもそれぞれに優れたところがあります。現在のベストを出し切っての評価が今回の結果ですので、ここで満足することなく猛然と次の作品に取りかかってください。描いて完成させることでしかわからないことがあり、そこで得た経験は必ず大きな力になります。自分に欠けている要素を自覚し、埋めていく努力を継続して、さらに上を目指してください。

総評
林田編集長
総評

編集長林田です! 読み返すとそれぞれに魅力あふれる作品揃いで、惜しくも選外になった作品も見どころ一杯でした。この人でなければ描けない作品、その作品を描く切実な動機を感じる作品が多かったことが何よりも嬉しい選考でした。ほとんどが20代前半、もしくは10代の作家さんが多い中、辛い展開の物語でもふっと笑えるような一コマ、ひとセリフを心掛けてくれる「読者を愉しませる」姿勢が窺えたこともよかったし、ほとんどプロかと見まごう画力の方もいました。あとは「掲載」、とりわけ「連載」を目指すには何が必要か。それぞれに課題はありますが、やるべきことがはっきりしている方が多い印象。月マガを、編集を利用し尽くして早々のデビューを期待しています!

総評
特別審査委員 総評
審査委員長 本誌 林田編集長 審査副委員長 マガジンRチーフ ※都合により加瀬あつし先生は今回、特別審査委員を辞退されました
〈漫画部門〉
佳作 賞金30万円+原稿用紙500枚+賞状
「瓦礫のアクターズ」櫻井七海(20)神奈川県 62P
あらすじ

「演劇やりませんかー!!」瓦礫の上で声出しに励む少女・レキ。星屑が降り注いだ「東京大災害」から7年、未だその爪痕の残る地で、高校演劇部を立ち上げたのだ。ある日レキは、反政府組織「リンドウ」の一員にして、伝説的大女優の息子・イッセイに出会い!?


前川たけし先生のコメント

多くの要素を盛り込んだ意欲作です。ただ物語の核となる演劇そのものにパワーがないと、それ以外の設定が生きてきません。表情は生き生きと描けています。伝えたいことは伝わるのですが、読者の感情を揺さぶるドラマにするには、人物をさらに掘り下げて、設定や展開にリアリティを加える必要があると思います。

前川たけし先生のコメント

林田編集長のコメント

無数の星屑が降り注ぎ、未曽有の大災害となった東日本のとある高校。瓦礫の中でヒロインが取り組む芝居とは? カタストロフ後の近未来世界を描くのは定番ともいえるテーマではありますが、そこに「演劇」を取り合わせたのが櫻井さんの作家性。そして描き切る腕力に大きな成長を感じました。人物の顔、さらに上手くなるとベスト。

林田編集長のコメント
「瓦礫のアクターズ」櫻井七海(20)神奈川県 62P
特別奨励賞 賞金20万円+前川たけし先生特別賞3万円+ベスト情感賞1万円+原稿用紙500枚+賞状
「PEACEFUL」杉山佑太(19)東京都 50P
あらすじ

戦争が終わったばかりの世界。サンは、アンドロイドの解体業を営むフラットとベルのもとで居候する男の子。「家から外に出てはいけない」と禁じられていた彼は、外の世界に憧れていた。しかしサンの存在は、戦争の爪痕を残す世界にとって忌むべきもので…。


前川たけし先生のコメント

序盤の疑問が解消されていく後半の展開に引き込まれました。戦場で子供の姿のロボットを利用するという戦慄すべき世界観と主人公を見守る男達が見せる人間としての倫理観。心地良い甘さに加える苦味の配分が絶妙だったと思います。

前川たけし先生のコメント

林田編集長のコメント

何回目かの戦争が終わって、父を待ちながら解体屋に居候中の少年サン…。ありがちな話に見えて練られたアイデアの連続。人間の業、とくに「事なかれ主義」への徹底的な批判精神を笑いを交えながら表現し、最終的に感動へと誘う技術はとても10代とは思えません。

林田編集長のコメント
「PEACEFUL」杉山佑太(19)東京都 50P ★前川たけし先生特別賞★ ★ベスト情感賞★
特別奨励賞 賞金20万円+初投稿賞3万円+ベストカップル1万円+原稿用紙500枚+賞状
「気になるあの子」ひととせひるね(22)茨城県 46P
あらすじ

俺、上坂叶には気になる女の子がいる。隣の席の蒲住あやかさん。気になって夜も眠れないくらいだ。ああ、今すぐこの思いを伝えてしまいたい――「その後ろに憑いてる、巨大な悪魔的なもの…なに!!?」ボーイ・ミーツ・ガール&デーモンな変則ラブコメ!


前川たけし先生のコメント

主人公とヒロインの特異な体質が、物語のつかみになっていますが、面白さには直結していないと感じました。相思相愛の初デート話としては立派に成立しています。しかしあの設定ならば、もっと意表を突く展開、ひねりの効いた着地を読者は期待してしまいます。

前川たけし先生のコメント

林田編集長のコメント

俺、上坂叶には好きな人がいる…。この出だしから想像できる展開ではありますが、インパクトがあまりにも強く、笑ってしまいました。いい意味で置きに行って成功した作品。登場人物全員のボケっぷり、ラストのラブ感の高め方が上手いので最後まで飽きません。

林田編集長のコメント
「気になるあの子」ひととせひるね(22)茨城県 46P ★ベストカップル賞★

奨励賞 賞金15万円+林田編集長特別賞3万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「ラクリモーサ:涙の日」ホ・ユン(22)京都府 56P

「ラクリモーサ:涙の日」ホ・ユン(22)京都府 56P ★林田編集長特別賞★

林田編集長のコメント

「それはたった一人の魔術師によって作られた禁じられた黒魔術…」まずは圧倒的な画力に目を奪われます。ランダムにページをめくっても必ずイイ場面が。そじてある意味救いのないお話をまとめあげたのは、キャラクターそれぞれを深く作者が愛し、理解しているからだと。個人的にはヘルガーの無敵な俺様ぶりがツボでした。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+ベストインパクト1万円+原稿用紙500枚+賞状

「田螺」号やん子(20)大阪府 32P

「田螺」号やん子(20)大阪府 32P ★ベストインパクト賞★

林田編集長のコメント

母親に嘘をついてタニシをトイレに流した…。展開も絵場面も非常に印象的な作品で、才能を感じます。主人公が級友にマニキュアを塗ってあげるシーンなど、息詰まる緊迫感と美しさで、読み手の記憶に刺さります。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「人間喰らい~ヒューマ・イーター~」浅野響貴(19)大阪府 43P

「人間喰らい~ヒューマ・イーター~」浅野響貴(19)大阪府 43P

林田編集長のコメント

「私には、誰にも言えない秘密があります。それは…」。イントロとラスト、同じセリフでの決め、カッコよかった! 父親の特質を引きつぐ少女の苦しみと成長が、重い内容と絵柄のギャップからか不思議な魅力を。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「××とクロノ」中山和也(33)佐賀県 78P

「××とクロノ」中山和也(33)佐賀県 78P

林田編集長のコメント

山中で出会った可憐な少女、名はクロノ、正体は…。この作品を描く、という必然性と作者の気迫が伝わってくる作品でした。クロノと制服の少女のお手玉のシーンは白眉、正直長いですが読後感には古典の風格が。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「ゴーストライナー」三ヶ嶋犬太朗(17)東京都 32P

「ゴーストライナー」三ヶ嶋犬太朗(17)東京都 32P

林田編集長のコメント

文章を書くのが得意な俺が、今一番熱中していることは、代筆…? 三ヶ嶋さんはどんな局面からでもドラマを摑みだして作品に仕上げられる才能を持っていると感心。この展開に緊迫感を持たせる力量も並じゃない!

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「箱庭の妖精」矢津田将人(22)福岡県 36P

「箱庭の妖精」矢津田将人(22)福岡県 36P

林田編集長のコメント

「カバンの中に住む、妖精の話…」の一言に尽きる作品ですが、キャラの心配りの表現、カバンやファスナーの描き方に手を抜かず、好感度高い! 個人的にはカナちゃんがカバンを覗き込む絵が作品中ベストカット!

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「The one」上杉らも(21)兵庫県 24P

「The one」上杉らも(21)兵庫県 24P

林田編集長のコメント

夜通しゲームに熱中するマコトに、見えてしまう影の正体は…? 類想もあるアイデアかと思いますが、、家庭の雰囲気や公園のハトなどの描写が緻密で、物語に説得力を与えています。まだ奥のありそうな方です。

林田編集長のコメント
 
〈ショート漫画部門〉

奨励賞 賞金10万円+原稿用紙300枚+賞状

「彼女の理由」多治見尚哉(22)岐阜県 16P

「彼女の理由」多治見尚哉(22)岐阜県 16P

林田編集長のコメント

美人ながら鉄仮面女子の藤井さんの秘密を見てしまった僕…。縁あって応募前に読ませてもらった作品でしたが、ショートらしい摑み力に優れ、主人公の心理描写も上手いです。それでも藤井さん可愛いと思いますw

林田編集長のコメント
 
〈ネーム部門〉

奨励賞 賞金5万円+ネーム用紙500枚+賞状

「切り裂きクィーンの葛藤」桑野圭輝(22)東京都 49P

「切り裂きクィーンの葛藤」桑野圭輝(22)東京都 49P

林田編集長のコメント

死体のそばで微笑む彼女との邂逅が、全ての始まりだった…。今回最大の問題作。主人公、ヒロイン、展開、全てがダークながら決して目を離せない展開は極めつけにスリリング。この世界観で連載ネームを目指して。

林田編集長のコメント
 

惜しくも受賞は逃した最終選考進出作品「野生探偵 くんかくんか」金子黄金(27)、「竜が宝を守る理由」高岸かも(24)、「絶対!純愛宣言。」芽瑠藻(27)、「迷い子はしるし」北鴨綾音(23)、「花殺しのメメント・モリ」蕃茄ハイチ(28)、「一等星」伊藤篤也(20)、「スケスノボード」久本卓(26)、「アラフォー小学生 高助くん」早坂啓吾(35)、「酔いどれヒーローと僕」小椋弘三(29)、「妹は連続殺人鬼(シリアルキラー)東雲東風(25)

第37回 グランドチャレンジ林田編集長による全応募者作品へのコメントは、5月下旬公開予定!!

次回以降のグランドチャレンジの詳細はコチラ!!

ページトップ