講談社 コミックプラス

新人賞/アシスタント募集

2018年08月06日

第42回 月刊少年マガジン・マガジンR 新人漫画賞 グランドチャレンジ入賞者発表

佳作受賞:2名・審査委員特別賞総ナメ:1名、それらの受賞者は全員が初投稿にて即受賞だ!!
〈漫画部門〉佳作2本+特別奨励賞3本+奨励賞9本〈ショート漫画部門〉奨励賞1本〈ネーム部門〉なし

山原義人先生
総評

 賞に選ばれた作品は総じて高レベルでした。物語の発想、構成力、テーマ性の実力が向上しているのは間違いありません。受賞者の中から将来の漫画界を背負う作家が出現する事を願ってやみません。頑張ってください!

総評
鏡貴也先生
総評

 力作が多く、思いもぎゅーっと詰まっているものばかりなので楽しく読めました。レベル高かったと思います。そして高いからこそ、全体を通して、自分が描きたいものがなんなのかの焦点を把握しきれていないせいで、無駄なコトがたくさん描かれているのがもったいなかったです。でも、新人さんたちの作品をみると、みんな伸びそうだなとわくわくしました。僕も負けないよう頑張ります。

総評
特別審査委員 総評
特別審査委員 山原義人先生 鏡貴也先生 審査委員長 本誌 高見編集長審査副委員長 マガジンRチーフ
〈漫画部門〉
佳作 賞金30万円+ベスト題材賞1万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状+CLIP STUDIO PAINT PRO
「天秤を持った少年」10年目のセミ(25)大阪府 50P
あらすじ

時を止める能力を持った高校生・早坂。彼の願いは「世界から武器を無くすこと」。同級生の仲松は彼の旅に付き合い、紛争地帯・イーストの時を止め、2人で武器を壊し捕虜を助ける日々を送る。だが、仲松がイーストで目にしたのはもう一組の自分達で――!?


山原義人先生のコメント

取り扱うテーマ性の高さに共感します。話作りも荒削りながら読者を引き込む力があります。ですが主人公たちの関係を親友にしてお互いの主張や性格を対比させた方が、テーマを更に掘り下げて、リアル感を強調出来たはずです。作者の個性や思想と全く違うキャラを描くのも作家として大切な要素ですので、その点が課題ですね。

山原義人先生のコメント

鏡貴也先生のコメント

どんな内容なんだろうと興味を持って読んでいけました。ただ、ユーザーが興味を持てるようなアイデンティティの確立がなかったように思います。人は安易にヒーロー願望を持てないので、持つに至った理由がないと、読む理由を作れないなと思いました。

鏡貴也先生のコメント

高見編集長のコメント

しっかりした構成力に支えられた、一流の短編ミステリ。短いページ数で設定とキャラの魅力を伝えることが出来ています。緊張と緩和、そのバランスが見事でした。 クールな演出、ビターエンドも含めて、ちょっと読者が限定されちゃうかも。次回は超一級のエンタメ作品を期待!

高見編集長のコメント
★ベスト題材賞★ ★CLIP STUDIO PAINT PRO進呈!★
佳作 賞金30万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状+CLIP STUDIO PAINT PRO
「犬と愛玩鳥」瑞城雨(21)東京都 59P
あらすじ

2220年、世界には「翼の生えた人間」がいた。生まれつき弱視で、パイロットの夢を絶たれた高校生キジ。飛行距離を競う翼人競技でオリンピック出場を誓う女子高生・目白。「飛びたい」男と「飛ばなくてはいけない」女。2人の出会いが夢を動かす、青春群像劇!


山原義人先生のコメント

描きたいシチュエーションがあり、それを肉付けしていく話作りなので大変読みやすく安心感がある作品です。主人公とヒロインを結びつける大人の翼人が何者でヒロインにどのような影響を与えたかが説明不足。そのためにヒロインの葛藤が読み手に伝わりにくく、ヒロインの頑なさが前面に出過ぎてるのは残念。物語の構成や焦点を絞る力量はあるのでこれからに期待します。

山原義人先生のコメント

鏡貴也先生のコメント

世界観がしっかりしていていいなと思いました。ただ、ヒロインの魅力の高さに比べ、主人公がやってることやアイデンティティの作りこみが低いのでバランスが取れてなく、納得感が低いのがもったいなかったです。

鏡貴也先生のコメント

高見編集長のコメント

表情が瑞々しくて、青春モノを描くセンスが抜群! ラストの爽快感も素晴らしかった。惜しむらくは、画力がセンスに追いついていないこと。そして、「翼人」に競技としてのディテールがあれば、もう一段アツくなれるのに…と感じました。

高見編集長のコメント
★CLIP STUDIO PAINT PRO進呈!★
特別奨励賞 賞金20万円+山原義人先生特別賞3万円+鏡貴也先生特別賞3万円+高見編集長特別賞3万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状
「たこきち」大瀬戸陸(17)広島県 44P
あらすじ

母を亡くしたしゅんやは、父から育児放棄され学校でもいじめられている。ある日、しゅんやの押入れから現れたのはタコ星人の「タコキチ」だった! タコキチとの奇妙な友情を経て、しゅんやはとうとういじめっ子に立ち向かうが…。胸がザワつく日常サイコホラー!


山原義人先生のコメント

話の構成力、画力、センス、本当に17歳とは思えないほど。恐ろしい才能ですね。将来性は抜群です。タコキチが少年の妄想でなく実在する人物という設定も、その背景を色々と考えさせられ、読者の恐怖感を更に誘発します。このまま自身の才覚を伸ばして欲しい作家さんですね。

山原義人先生のコメント

鏡貴也先生のコメント

すごい。この人の未来に期待したい。今回の中で、人間が口にする発言として間違ったことを一つも描かなかったのはこの人だけだと思う。正のほうに伸びるのか、負のほうに伸びるのか。負だけを描く人にならず、負を描くことが自己顕示にならず、両方描けて世界を変えられる才能に育ってくれたら嬉しいけど、それは僕のエゴなので自由に育ってください。

鏡貴也先生のコメント

高見編集長のコメント

圧倒的なリアリティ。「人間を観る眼」に天性のものがあります。暗く重いテーマですが、そこに読者を引きずり込む描写力は圧巻。課題はもちろん画力で、これは練習あるのみ! 既存作を参考にしつつも、自分だけの画風を見つけてください。次回作では、大瀬戸さんならではの「カッコ良さ」を見せつけてほしい。期待しています!

高見編集長のコメント
★山原義人先生特別賞★ ★鏡貴也先生特別賞★ ★高見編集長特別賞★
特別奨励賞 賞金20万円+原稿用紙500枚+賞状
「GOLD FISH」池間潮(23)愛知県 86P
あらすじ

舞台は、主人公ゴールドは、触れた物を「金」に変える力を持つ。誰もが羨むその力で、彼は弟を金に変えてしまった過去が…。弟を元に戻す術を探す旅。その道中、彼が訪れた町には、黄金像を崇拝する怪しげな風習があり…? 本当に光り輝くものを探す冒険ファンタジー!


山原義人先生のコメント

漫画らしい物語と高い画力、力量はプロレベルです。読み切りの見本ともいうべき完成された作品ですね。構成や画力は問題なし。今すぐプロで活躍できるでしょう。あえて言えば、水銀毒で苦しむ妹や町の人の描写があればラストへの深みと共感が増しました。

山原義人先生のコメント

鏡貴也先生のコメント

絵がうまいなーと思いました。ただ、それに振り回されてる気がします。この作品の焦点はなにか、見せたいことはなにか、それをセリフが邪魔しないか、絵が邪魔しないか。一挙手一投足に、世界観の背景まで含めて作品の見せたいことが影響してないと戦っていけないと思います。まずはそこと焦点の純度競争で戦えているのかという恐怖と向き合っていくと、実力が高いので急激に成長するのではないかと思います。

鏡貴也先生のコメント

高見編集長のコメント

独特の画風ですが、画面から伝わる熱量がすごい。ただ、読者にとってワクワク出来る設定・ストーリー展開・キャラの感情が足りていません。この画力は池間さんだけの武器なので、それに合ったテーマを選び、短いページ数でまとめてみては?

高見編集長のコメント
「GOLD FISH」池間潮(23)愛知県 86P
特別奨励賞 賞金20万円+ベスト怖カワイイ賞1万円+原稿用紙500枚+賞状
「crime record」うらのりつ(26)東京都 38P
あらすじ

校舎隅の部室「犯罪研究会」。そこに集まるのは、「殺人」に魅了される円、「殺される」願望を持つ早希、極度のビビリ症の少年・緋の3人。各々の視点で凶悪事件について議論を交わす日々。そんなある日、近所で起きた殺人事件の現場に行こうと円が言い出し…?


山原義人先生のコメント

巷でよく見る猟奇的な表現が多い漫画に対するアンチテーゼ的な作品です。個人的にはすごく好感が持てました。漫画にはインパクトも重要ですが、この作品ではキャラの性格や小さな行動で人物の異常性を表現している所にセンスの良さを感じます。このまま自分の個性を伸ばした作品作りに頑張ってください。次回作にも期待してます。

山原義人先生のコメント

鏡貴也先生のコメント

絵がきれいでかわいかったです。ただ面白がり方がわからなかったです。なにをどう楽しむのか、共感が得られないキャラ性にする場合は、それでもユーザーに共感させて読み進ませるための技術を使っていかないと読んでもらえないので、もったいなかったです。

鏡貴也先生のコメント

高見編集長のコメント

可愛らしい絵柄とは裏腹なサイコ感に、現代らしい企画性があります。ただし、それを読者に楽しんでもらうためには、構成力を磨く必要があります。どんな順番でキャラと設定を説明すれば興味を引けるか、作戦を練りましょう。

高見編集長のコメント
★ベスト怖カワイイ賞★

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「DRAGONS」山本憬(23)新潟県 38P

「DRAGONS」山本憬(23)新潟県 38P

高見編集長のコメント

格闘漫画を描こうとする姿勢に拍手を送ります。絵柄も山本さんなりの「カッコ良さ」が伝わって良いのですが、肝心のキャラの動きがよくわかりません。『鉄拳チンミ』が良い教科書になりますので、ぜひ勉強してみてください。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「Chimera」あにき(21)埼玉県 36P

「Chimera」あにき(21)埼玉県 36P

高見編集長のコメント

既視感ある設定ながら、細部がよく練られていてリアリティがありました。キャラの表情も複雑味があって、確かな画力を感じます。もう一歩、読者に感情移入させる仕掛けがあれば良かった。そこに個性が加われば、無敵になれます。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「家政婦の犬飼さん」瑚乃美(23)東京都 47P

「家政婦の犬飼さん」瑚乃美(23)東京都 47P

高見編集長のコメント

家事をそつなくこなす家政婦さんが実は…というのは、とてもキャッチーですね。ただ、彼女が戦い出すと、急に「家政婦さんらしさ」が無くなってしまいます。ベタですが掃除道具で戦うとか、ギミックは統一したほうがキャラの魅力が増すのでは?

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「こけらおとし!」武田諭子(24)東京都 62P

「こけらおとし!」武田諭子(24)東京都 62P

高見編集長のコメント

丁寧な作画と演出に好感。高校演劇というテーマに挑んだ気概も◎。ラストに向かって話が盛り上がる過程で、演劇ならではの演出で驚かせてほしかった。絵柄は少し手癖みたいなものが出ているので、恐れずに新しい画風に挑戦してみてください。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「the egoist」阿黒巧熙(19)京都府 47P

「the egoist」阿黒巧熙(19)京都府 47P

高見編集長のコメント

全編に亘って「俺はコレがカッコイイと思う!」という熱意に満ちていました。これは少年誌の作家として得難い才能です。ストーリーは「恋」「魔女」という二大要素が説明不足で、感情移入するに至りません。次作ではドラマとカッコ良さの融合を!

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「悪道のすすめ」芽瑠藻(28)兵庫県 64P

「悪道のすすめ」芽瑠藻(28)兵庫県 64P

高見編集長のコメント

少年漫画に必要な熱気のある作品。作画も丁寧で表情も多彩なのですが、ちょっと要素過多で画面がうるさく感じます。また、「善悪」の観念がやや平板で、読み進めるうちにキャラの行動に意外性が失われてしまいました。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「チェックメイト★突然始まった第2の人生」栗栖ゆうん(32)東京都 44P

「チェックメイト★突然始まった第2の人生」栗栖ゆうん(32)東京都 44P

高見編集長のコメント

キャラ絵がすごく可愛い。これは栗栖さんならではの武器かと。ただし説明不足な点が多くて、途中で話を見失ってしまいました。読者にとって親切な導入部を提示して、安心してキャラの可愛さを愛でることができるよう、研究してみてください。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「白夢」広生(20)千葉県 47P

「白夢」広生(20)千葉県 47P

高見編集長のコメント

時折、ハッとするほど良い絵があって、作家としての可能性を強く感じます。設定は面白いはずですが、わかりにくい構成が足を引っ張ってしまいました。次回は話の仕組みに凝るのではなく、キャラの魅力を追求してみてはどうでしょうか。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「ユウノウなカレとムノウなカノジョ」谷中悟志(22)鳥取県 47P

「ユウノウなカレとムノウなカノジョ」谷中悟志(22)鳥取県 47P

高見編集長のコメント

シンプルな設定のなかに、強いメッセージ性を込めた意欲作。ヒロインのキャラが健気で愛おしかった。ちょっと設定に緩さがあり、納得できない部分がチラホラ。担当編集といっぱい打ち合わせをして、物語を練り上げていってください。

高見編集長のコメント

〈ショート漫画部門〉

奨励賞 賞金10万円+原稿用紙300枚+賞状

「パラレル」あつもりそう(21)埼玉県 16P

「パラレル」あつもりそう(21)埼玉県 16P

高見編集長のコメント

仲の良い男女のイチャコラを眺める漫画w 程よい甘酸っぱさに、胸がキュンキュンしました。課題は画力。人物の描き分けに甘い部分があるので、さらに魅力的なキャラ絵を目指してください。期待しています!

高見編集長のコメント

「ダブル・ダレ!?」(Atsushi) (21)、「薄明のカタルシア」田中美佳(29)/山下マヤ(27)、「ドSの君とMの僕」夢咲健志(28)、「-Innocent-」山中レオ(22)、「超人養護施設」 永澤宏(33、「桃の傀」叶照弓(24)、「星のみとり図」林真如(23)

第42回グランドチャレンジ高見編集長による全応募者作品へのコメントは、後日公開予定!!

次回以降のグランドチャレンジの詳細はコチラ!!


ページトップ