講談社 コミックプラス

新人賞/アシスタント募集

2018年11月06日

第43回 月刊少年マガジン・マガジンR 新人漫画賞 グランドチャレンジ入賞者発表

受賞作14本!! 引き続き増加傾向にあり!
漫画部門〉佳作1本+特別奨励賞1本+奨励賞12本

加瀬あつし先生
総評

 応募作品がファンタジーに傾倒しているのかと思ったら、バリエーションあり楽しく読めました。全体的には決して佳作と特別奨励賞の2作が突出しているわけではなく、五十歩百歩だと思います。サッカーものの『走』は才能がストレートでなく、ゲームの流れを作る演出家的なとこが変わっててよかった。『死神病』は、主人公を覗き込む幽霊サスケの登場のコマが印象的で、16歳の作者の年齢にも驚かされました。また『魔女のそばではお静かに』の繊細なタッチの女の子にも惹きつけられました。ボクのようにキャリアが長くなって邪魔になるのは、経験から自分に作る固定観念です。みなさんはまだ20代と若い! アレはこうじゃなきゃおかしい、とか殻を作らず、どんどん王道を壊して漫画の可能性を示していってください。

総評
曽田正人先生
総評

 受賞作14本を拝読し、感じたのは受賞者の皆さんのキャラを創る能力と画力の高さです。人間臭さを出せる作家、特に新人さんの未来は無限大のように思います。同時に感じたのは舞台設定・世界観の「解説」にかなりの労力を割かれているということです。キャラの個性と関係のないモノローグやナレーションが多くなりがちなのはもったいなく感じました。設定を語ることは多くの人に出来ますが、キャラを創れる作家はとても貴重。今回の受賞者の皆さんはその尊い能力を持っていらっしゃいます。それを最大限活かすようなお話作り意識していただけたらと個人的には思います。

総評
特別審査委員 総評
特別審査委員 加瀬あつし先生 曽田正人先生 審査委員長 本誌 高見編集長審査副委員長 マガジンRチーフ
〈漫画部門〉
佳作 賞金30万円++原稿用紙500枚+賞状+CLIP STUDIO PAINT PRO
「MOVE」大瀬戸陸(17)広島県 49P
あらすじ

バンドのボーカルだったムロは、今や先輩の言いなり。先輩のため、ムロは暗いクラスメイト・米田にチケットを押し付ける。しかし、先輩のバンドにはあの米田が…!? ムロと米田、2人は出会い、ロックが生まれる! 不器用な少年達の怒りを痛切に描く青春ドラマ!!?


加瀬あつし先生のコメント

絵の勉強はこれからって感じだけど、感性が光ってて読めました。もっと続きが描ける作品だとも思ったけど、もっと読みたいな、って思うくらいが読後感がいいのかも。読みやすく悩むとこもなかった半面、もう一度、そのページを見直したくなるような、こびりつくようなシーンがなかったのが物足りなかった。これからも設定やキャラづけに、安直な漫画っぽさをつけずに、等身大の十代を描いて花を咲かせてほしい作家だと思いました。

加瀬あつし先生のコメント

曽田正人先生のコメント

素晴らしいです。なんといってもメインキャラ3人(男子2人に女子1人)にそれぞれの色っぽさがあるのが良かったです。冒頭数ページを読んで「おそらくこうなるだろう」というストーリーは想像できました。実際その通りになっていきましたが、それが「予想通り」と思わされたのではなく、「そうそう、こう来なくちゃ!」とワクワクさせられました。それもまた凄い。王道をやるのは実は大変なスキルがいるんだなと改めて勉強になりました。

曽田正人先生のコメント

高見編集長のコメント

情けなくて痛くてカッコ悪い、等身大の青春を描いた快作。随所に光る演出があり、音楽という言葉にしづらいものを必死に描き出そうとした努力が見て取れます。課題はとにかく画力。斬新で、それでいて誰が見てもカッコいい(可愛い)、そんなキャラを目指してください。

高見編集長のコメント
★CLIP STUDIO PAINT PRO進呈!★
特別奨励賞 賞金20万円+ベスト画力賞1万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状 STUDIO PAINT PRO
「海のスナオ」隠岐東(26)京都府 44P
あらすじ

UMA(未確認生命体)研究者の父を持つ少女・ルイは、父と離れ離れの寂しい日々を過ごしていた。ある日、久しぶりに研究所を訪れた彼女は、父が熱心に育てているUMAと遭遇する。それは、人語を操る人の姿をしたUMAで…? 人ならざるものが、人と人を繋ぐ物語――。


加瀬あつし先生のコメント

UMAのスナオの絵がいい。ヒトを疑わない無垢なキャラもいい。けれど、せっかく異世界の生物を扱ってるのに、人間側の親子ドラマに小さくまとまってる感じを受けました。UMAが美少女設定なら、地上での日常モノでもそれなりに読めるのですが、せっかくいい具合にはずしているのだから、ヒトガタの深海の、作者の創造の詰まった世界観が見てみたかった。

加瀬あつし先生のコメント

曽田正人先生のコメント

比較的説明に時間を要しそうな設定や人間関係を、ストーリーやキャラになじませつつ展開する手腕が見事で、作品の「入り方」に躊躇が無い。全体的にもテンポの良さが素晴らしいと思いました。一発でこのネームになったのなら大変な漫画力の持ち主だし、何度も直してここへたどり着いたのなら、これこそまさに漫画家に必要な素養である“粘り”の達人です。いずれにしても漫画を描く才能に溢れた方です。絵もカワイイ。次回作も楽しみにしています。

曽田正人先生のコメント

高見編集長のコメント

海洋SFものでありながら、父娘の情愛をテーマにした点が素晴らしい。設定は細かく煮詰めているし、読みやすい画面作りにも才能を感じます。次作では「主人公」をきちんと立てて、その動機によって物語を動かすことを意識してみては?

高見編集長のコメント
★ベスト画力賞★

奨励賞 賞金15万円+加瀬あつし先生特別賞3万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「アンデッドウォリアー」新井翼(25)神奈川県 50P

★加瀬あつし先生特別賞★

加瀬あつし先生のコメント

最近異世界モノをアニメでよく見るので、個人的に好みです。安心して読める、かわいい作品だと思いました。自信家で強気な美人剣士と、ルックスの醜いコミュ障のアンデッドのコンビが、温かみがあってよかった。異世界モノは氾濫してますが、違いを出す工夫が次の課題だと思います。それが世界観であったり、主人公の背負った設定であったり、笑いであったり、テンプレファンタジー設定だけでない、自分の創造する世界の色を、ぜひ探し出してみてください。

加瀬あつし先生のコメント
高見編集長のコメント

謙虚で卑屈なアンデッドが、とにかく魅力的! そこから浮かび上がるテーマも味わい深く、作者の巧みな狙いが窺えます。ただ、50pはさすがに長いですね。話をコンパクトにまとめる構成力と、画力を磨けばさらに上が見えてくるはず。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+曽田正人先生特別賞3万円+ベストキャラクター賞1万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「走」小髙優大(20)大阪府 45P

★曽田正人先生特別賞★ ★ベストキャラクター賞★

曽田正人先生のコメント

「ああ、こういうヤツがいたらチームは強くなるだろうなあ」と素直に思える。読者の誰もがスッと納得するのではないでしょうか。素直な発想が出来て実際に作品へ落とし込める描き手って人間を理解している人なのだと思います。画面構成も絵柄もすべてが素直で読みやすい。だからと言って淡白なわけでない。プラスαの「何か」が間違いなくある。読み切りとはこうあるべきとも感じました。面白かったです。

曽田正人先生のコメント
高見編集長のコメント

主人公のキャラがとにかく良い! この口癖、思わず真似したくなってしまいました(笑) 少年漫画において、キャラは究極の武器です。あとはそのキャラの魅力を100%伝えられるよう、画力を磨きましょう。描くほどに必ず伸びるはず!

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+高見編集長特別賞3万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「無題」梅本晨伍(20)00県 37P

★高見編集長特別賞★

高見編集長のコメント

キャラが明るくて、とにかく表情が豊か。読んでいて楽しい気分になります! これは天性のものですね。ヒロインが可愛くて良いのですが、ちょっとしたエロさを加えると、さらに読者を惹きつけられるはず。読者を徹底的に楽しませるプロを目指しましょう!

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「たまごっち彼女」林 けい(28)東京都 47P

「たまごっち彼女」林 けい(28)東京都 47P

高見編集長のコメント

「懐かしい」という感情の中に潜む、一抹の苦みを上手に切り取っています。短編としてのまとまりでは今回で一番かも。とはいえ、“彼女”との生活に読者がうらやましいと思える部分がなく、読み進める楽しみという点で不満が残りました。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「心霊雑誌ホラーファインダー」青トキエ(26)宮城県 46P

「心霊雑誌ホラーファインダー」青トキエ(26)宮城県 46P

高見編集長のコメント

幽霊となった主人公が、心霊雑誌のヤラセに…という摑みは面白い! 問題は、そこからの展開に意外性がなく、面白さが積み上がらなかったこと。あの手この手で読者の心を揺さぶって、楽しませられるように構成を練ってみてください。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「io」-Atsushi-(21)福岡県 58P

「io」-Atsushi-(21)福岡県 58P

高見編集長のコメント

最後まで手を抜かない、誠実さを感じる原稿ですね。その一方、設定は単純明快なはずなのに、いまひとつ頭に入ってきませんでした。「全くストーリーを知らない他人」を頭の中において、その人に説明するつもりでネームを描きましょう。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「魔女のそばではお静かに」森賀春人(28)東京都 48P

「魔女のそばではお静かに」森賀春人(28)東京都 48P

高見編集長のコメント

キャラに眼力があります。ファンタジー向きの画面ですが、ところどころ手を抜いたような背景があるのが残念でした。読者の興味を惹く設定を考えつけば、即戦力たりうる作家さん。次作では男性キャラのバリエーションも見たいです。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「PHILO -フィロ-」奥羽一生(26)千葉県 48P

「PHILO -フィロ-」奥羽一生(26)千葉県 48P

高見編集長のコメント

丁寧に設定を積み上げた力作ですね。ただ、キャラの表情が硬いせいか、描いている感情にリアリティが感じられませんでした。また、印象に残る台詞がないのも課題です。読者の心に刺さる表情とセリフを意識して、次回作に挑んでみてください。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「無感情な刃」阿黒巧熙(19)京都府 43P

「無感情な刃」阿黒巧熙(19)京都府 43P

高見編集長のコメント

ポーズや演出が凝っていて、とにかくカッコいい! ただ、この作品は恋愛がテーマなはずなのに、それがバトルのアイデアに盛り込めておらず、ギクシャクした展開に。バトルは「目的」でなく「手段」です。ぜひ意識してみてください。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+ベスト意外な展開賞1万円+原稿用紙500枚+賞状

「Re:Dream」戸賀環(22)埼玉県 44P

★ベスト意外な展開賞★

高見編集長のコメント

途中で目線のキャラが入れ替わるのが、読みづらいです。背景など、少し画面の細部を怠っているのもマイナス評価。とはいえ、キャラの絵柄がキャッチ―で、魅力十分。描き分けが弱い部分はあれど、“伸びる”作家さんだと確信しています!

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「チェロ弾きよ、唄え!」服部たつ哉(23)千葉県 46P

「チェロ弾きよ、唄え!」服部たつ哉(23)千葉県 46P

高見編集長のコメント

皮膚からツタが生えるという奇想と、チェロ&バレエという芸術的テーマが上手くMIXされています。クライマックスの構図には迫力がありますが、惜しむらくは画力が追い付いていない。描く人が一番悔しいはずなので、次回作でリベンジを!

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

★ベスト意外な展開賞★

高見編集長のコメント

読者の心に届く絵と演出が本当に素晴らしい。物語的には、サブキャラの過去回想に終始してしまったのが残念。主人公を主体的に動かし、その足跡がストーリーになる。それが少年漫画の基本です。ぜひ次回作でさらなる進化を見せつけてください!

高見編集長のコメント

「ダブル・ダレ!?」(Atsushi) (21)、「薄明のカタルシア」田中美佳(29)/山下マヤ(27)、「ドSの君とMの僕」夢咲健志(28)、「-Innocent-」山中レオ(22)、「超人養護施設」 永澤宏(33、「桃の傀」叶照弓(24)、「星のみとり図」林真如(23)

第42回グランドチャレンジ高見編集長による全応募者作品へのコメントは、後日公開予定!!

次回以降のグランドチャレンジの詳細はコチラ!!


ページトップ