講談社 コミックプラス

新人賞/アシスタント募集

2016年11月04日

第35回 月刊少年マガジン・マガジンR 新人漫画賞 グランドチャレンジ入賞者発表

第35回 月刊少年マガジン&マガジンR新人漫画賞グランドチャレンジ 1年振りの“準入選”(賞金50万円)ついに出た――!!!
〈漫画部門〉準入選1本+佳作1本+特別奨励賞3本+奨励賞8本〈ショート漫画部門〉奨励賞1本〈ネーム部門〉奨励賞1本
特別審査委員 総評
沢田ひろふみ先生
総評

漫画作品を1作完成させるのは根気のいる事です。その上で50P、60Pのボリュームで描いてきているのは熱意を感じました。しかし、長いページ数だと散漫になりがちで、要点がボケやすいので、削る作業をもっとやって欲しい作品が多く見られました。新人賞で求められているのは、新鮮さ(新しい感性)がある作品です。どこかで見たことのあるような設定でのお話より「私は他の作家とここが違う、私はこうだ!!」という個性を描ければ評価されると思います。その為にも内容が伝わりやすい、要点を押さえた作り方を心がけてもらえれば良いと思います。

総評
あだちとか先生
総評

年々全体のレベルが上がってきているように思います。奨励賞でしたが『私が見えるひと』絵も上手くとても面白かったです。全体に言えることですが、読み物として成立しており短編なのに詰め込みすぎず、描きたいものを描いているが自己満足に終わらず読者への驚きも用意されている。本当に頭が下がる思いです。ただ、最終ページが尻切れになっている作品もちらほらあり、勿体無く感じました。流行の絵柄だらけでなく月マガらしい個性にあふれた作者さんが多いな、と感じました。是非これからもその個性を生かし、続けて欲しいです。

総評
特別審査委員 総評
特別審査委員 沢田ひろふみ先生 あだちとか先生 審査委員長 本誌 林田編集長 審査副委員長 マガジンRチーフ
〈漫画部門〉
準入選 賞金50万円+ベストアイディア1万円+原稿用紙500枚+賞状
「お手を拝借!」谷川オド(20)東京都 51P
あらすじ

「自切(じせつ)」――それはトカゲやクモが危険な状況から抜け出すために、身体の一部を切り捨てる行動。何事にも本気で取り組むことのできない二郎は、そんな「自切」体質である。ただ、トカゲやクモのそれとは違った。右腕が切断された時、切り捨てられたのは“二郎自身”だったのである――!!


沢田ひろふみ先生のコメント

発想がとても良く、雰囲気を重視したコマ割りも効果的でとてもおもしろかったです。淡々とした展開ながら、感情をしっかり描いている所に作家性を感じました。ただ、人間の顔(表情)がまだ描き慣れていない感じで、感情の変化が伝わりにくかったと思います。もう少し研究すればもっと読者に書きたい事が伝わると思うので頑張って欲しいです。

沢田ひろふみ先生のコメント

あだちとか先生のコメント

全作品を通して読み終えた時、最も異質さが際立っていました。導入から読者を惹きつけて放さないとても良い作品です。個人的には『ドラえもん』『寄生獣』他、昔読んだ漫画を思い起こし懐かしくもあり好感が持てました。大人っぽい、まとまった仕上がりで少年誌的な大どんでん返しは無かった点が気になりましたが、見せ方が上手い方なのでいろんな人物の登場する重厚な作品が描けそうだなと思います。

あだちとか先生のコメント

林田編集長のコメント

久しぶりに出せた準入選作。類想もないわけではなく、作画にも向上の余地があるが、それでもこの作品の魅力は群を抜いていた。考え抜かれた構図とセリフ、主人公の表情の変化が作品全体に色気を与えています。

林田編集長のコメント
★ベストアイディア賞★準入選以上は即掲載!!ただいまデビュー準備中!
佳作 賞金30万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状
「イヴのお願い」齋藤勁吾(22)東京都 20P
あらすじ

学校に行ってみたい!と強く願う少女・イヴは、実はロボである。しかもただのロボットではない。地上最強のロボなのだ! 博士に作ってもらった「ロボに見えない普通の体」のおかげで学校に行けることに。でも、本当に大丈夫なの……?


沢田ひろふみ先生のコメント

キャラクターが凄く面白く、魅力的でした。設定の部分だけで、これだけ描けるのはなかなかの力量だと思います。絵柄も作品の雰囲気を増幅している様で好感が持てる絵でした。次は展開がある作品を読んでみたいと思いました。

沢田ひろふみ先生のコメント

あだちとか先生のコメント

既視感のあるキャラではあったのですが、女の子が可愛いのでもっと動くところが見たいです。本気で地球を守るために女の子が一生懸命戦うところをたくさん見れたら楽しいだろうなぁと思いました。

あだちとか先生のコメント

林田編集長のコメント

JKにしてロボ。普通の高校生活に憧れるイブに訪れる試練とは…。あまりに可愛いヒロインに脱帽。しかしながらただ可愛いで終わらず、この短ページ数できちんと物語を成立させているのはすでにプロの技。

林田編集長のコメント
「イヴのお願い」齋藤勁吾(22)東京都 20P
特別奨励賞 賞金20万円+原稿用紙500枚+賞状
「爆風いちばん」誇中豆一(26)香川県 61P
あらすじ

人類のゴミであふれる未来。廃棄物から生まれた新生物“ダスト”により人類は滅びつつあった。希望のない世界で己の「死に場所」を探す少年・フウシ。彼が出会ったのは、亡き師の孫であり、天才メカニックのバク。彼はこの星を再生させる鍵を握っていて…!?


沢田ひろふみ先生のコメント

描きたい世界を存分に描いたという作品で好感が持てます。細かく設定を作っての物語で、描写も細かく、気合を感じました。ただ、設定が伝わりづらく、ともすればご都合の良い展開に見えてしまうので、設定よりキャラクター重視で作った作品も見てみたいです。

沢田ひろふみ先生のコメント

あだちとか先生のコメント

読んでいて気持ちの良い作品でした。 読者の願っている爽快なラストシーンが描ける、表現力のある方だと思います。画面の密度も高く絵を描くのが好きだと思うので、セリフを2割程減らして表情で読ませるように工夫すれば、情報過多のページが減って読者も読みやすくなります。

あだちとか先生のコメント

林田編集長のコメント

廃棄物で埋め尽くされた150年後の地球。価値ある死に場所を求めた少年が闘いを挑む相手は? 伸びた! 上手くなった! 技術の向上だけでなく、丹念な作画からは魂を感じます。言いたいことが存分に伝わりました。

林田編集長のコメント
「爆風いちばん」誇中豆一(26)香川県 61P
特別奨励賞 賞金20万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状
「きぐるみ越しの恋」児矢野知紀(25)茨城県 32P
あらすじ

遊園地の人気マスコット“ダービー”のきぐるみを着てバイトする少年・達也。彼は、ダービー姿の自分に抱きついてきた同級生・月見さんに恋をする。そんな月見さんに遊園地デートに誘われるが、折しもバイトが入っていて…。果たして想いは伝えられるのか!?


沢田ひろふみ先生のコメント

面白かったです。物語としては先が読めるお話なのですが、ちょっとずつ読み手を裏切って、違うのか?と思わせつつも結局、期待する結末に持っていく作り方は、基本ながらなかなか難しい方法なので、それがちゃんとできていることに感心しました。次はもう少し濃い展開を期待します。

沢田ひろふみ先生のコメント

あだちとか先生のコメント

優勝です! 女の子のキャラクターが可愛いすぎる! 大好きです。着ぐるみ姿と中身のギャップの面白さというお約束をしっかり押さえた上で、主人公と先輩のキャラも実に気持ちがよく、読んでいて心が洗われました。ラストにもう1、2ページ増やして読後の余韻の置き所をきちんと作ると読者の心も収まります。

あだちとか先生のコメント

林田編集長のコメント

タイトル通り、着ぐるみの中に入っている男の子の恋愛を描く物語。タイトル通りだが、予想ははるかに超える面白さ。ヒロインの可愛さもさることながら、早乙女の先輩の男らしさが個人的にはツボでした(笑)。

林田編集長のコメント
「きぐるみ越しの恋」児矢野知紀(25)茨城県 32P
特別奨励賞 賞金20万円+原稿用紙500枚+賞状
「私のものごと 君のこと」touzanH(28)神奈川県 24P
あらすじ

転校初日、事故に遭いかけた一子は、同級生の若葉に助けられる。そんな彼の肩からは、腕が“5本”生えていた…。その姿に目を輝かせる一子。しかし当の若葉は、腕を取ることを考えていて……。「誰もが皆、なにかを諦めたことがある」――悩みの結末は?


沢田ひろふみ先生のコメント

腕5本のキャラという発想は面白いと思いました。しかし、その特性があまり活用されず、一子の物語の添え物として流れてしまったのが残念でした。お話としてはちゃんと出来ているのに、期待が本筋と別の所(5本の腕)に持っていかれてしまったので、若葉が主人公の物語を見てみたいです。

沢田ひろふみ先生のコメント

あだちとか先生のコメント

表情描写が上手く、キャラが生き生きとしており読んでいてあったかくなる、読後感の良い作品です。難点を上げるなら、若葉くんが実在するのか一子ちゃんの幻想なのか読者を迷わせてしまう点です。学校という雰囲気を出すためにも、他のクラスメートの若葉くんへのリアクションも描くと解決します。

あだちとか先生のコメント

林田編集長のコメント

自転車で派手に転んだヒロインの前に現れた男の子。イケメンなのだがちょっとだけ人と違う所が…。奇想。しかしドラマとしては大成功! 奇想を奇想で終わらせない物語作りの上手さに、豊かな才能を感じます。

林田編集長のコメント
「私のものごと 君のこと」touzanH(28)神奈川県 24P

奨励賞 賞金15万円+沢田ひろふみ先生特別賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「蝉が鳴いていた」櫻井七海(20)神奈川県 58P

★沢田ひろふみ先生特別賞★

沢田ひろふみ先生のコメント

とにかく熱気を感じました。内容は目新しいモノではなく、キャラクターも典型的でしたが、20歳でこの描き込み具合に、描くという気合を感じました。このまま描いていって下さい。「好きこそ物の上手なれ」です。くじけずに描いていけば、きっと漫画家になれると思います。

沢田ひろふみ先生のコメント
林田編集長のコメント

竜と人とが共存する世界、しかしそれはうわべだけで竜王が人を支配する苦界。そこで戦う少年少女達の未来は? 緻密な作画、考えられた世界観。ヒロインの表情、特に不服や怒り、絶望を表す絵に特に惹かれました。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+あだちとか先生特別賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「セカンド・ウィンド」横山直哉(26)兵庫県 62P

★あだちとか先生特別賞★

あだちとか先生のコメント

最も感情移入して読めた作品です。「走る」というだけのシーンを様々な角度から描き演出し、見せられる腕が凄いです! 本作では姉妹が描かれていますが、この方の描く女の子の友情もの、青春ものを読んでみたいと思わせる魅力を感じました。

あだちとか先生のコメント
林田編集長のコメント

走れなくなったマラソン選手公院和風。姉と二人で強豪の名を欲しいままにした彼女に何があった? ストーリーテラーの横山さん、今回はスポーツものでしたが、やはり上手です。アイデアが盛り込まれ、完成度高し。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+林田編集長特別賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「悪魔が嫌うもの」中野しゅいず(18)岐阜県 49P

★林田編集長特別賞3万円★まだ未開花。しかし線と若さに無限の可能性を感じる!

林田編集長のコメント

18歳? 驚くべき画力です! 一枚目のカットですでに「おおっ」と思いました。物語に関しては正義を貫く主人公、善人殺しを愉しむ悪魔クロネ、どちらの心情にも乗りにくいところが残念でした。しかし期待大!

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+ベスト心理描写賞1万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「純な世界」十田(26)東京都 31P

★ベスト心理描写賞★

林田編集長のコメント

13歳、サッカーや野球に興じる「少年」たち。彼らにやがて訪れる決定的な瞬間とは…。 すごいアイデアです。あらすじが書けない、書いては失礼になると思える作品。この作品を進化させて連載を目指そう!

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「私が見えるひと」平山景子(27)栃木県 36P

「私が見えるひと」平山景子(27)栃木県 36P

林田編集長のコメント

「私は死んだ」「死んで幽霊になって」「恋をした」冒頭のセリフでもうイメージが完成できました。セリフだけでなく構図も練られていて、プロ根性を感じます。やや青年誌っぽい絵柄ですが、十分アジャストできそう。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「SILVER BULLET―銀の弾丸―」蕃茄ハイチ(27)大阪府 68P

「SILVER BULLET―銀の弾丸―」蕃茄ハイチ(27)大阪府 68P

林田編集長のコメント

女性の趣味が天と地ほど違う二人の亜人クレイとティエ。彼らの使命はある薬物を根絶やしにすること。最初の5ページでもうエンタメになっていて、楽しませる意識を強く感じました。次に何が読めるか楽しみです。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「星泥棒」玉谷こゆき(20)千葉県 65P

「星泥棒」玉谷こゆき(20)千葉県 65P

林田編集長のコメント

空飛ぶ自転車に乗ってて、人の「星」を盗む、そんな星泥棒の正体は…? お話も絵も、本当にキレイな作品です。この世界観を崩さず、商業誌・少年誌でどう魅せて行くかが今後の課題と言えるでしょう。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「学びと城」きのこの(22)熊本県 49P

「学びと城」きのこの(22)熊本県 49P

林田編集長のコメント

大事にしていた「幻を見せる機械」を盗まれた主人公レーテ。犯人は豪邸に住まう金持ちと知り、単身乗り込むが? 重厚で、そして切ないヒューマンドラマ。意外な展開の連続はラストまで続き、そしてトドメが。

林田編集長のコメント
ショート漫画部門

奨励賞 賞金10万円+あだちとか先生特別賞3万円+原稿用紙300枚+賞状

「Bamboo Bamboo」都田都(29)東京都 28P

「Bamboo Bamboo」都田都(29)東京都 28P

林田編集長のコメント

初心者ながら剣道部に入部したヒロイン。そこに現れたのは美しき先輩だった…。ともかく女性キャラ二人の魅力に目を奪われます。お話は他愛ないですがこの二人を見ているだけでほっこりした気分になれます。

林田編集長のコメント
ネーム部門

奨励賞 賞金5万円+ネーム用紙500枚+賞状

「陽の下の町」杉山佑太(19)東京都 45P

「陽の下の町」杉山佑太(19)東京都 45P

林田編集長のコメント

時計台に登って、外の世界を見ることに憧れる少年。この「陽の下町」に隠された真実が徐々に明らかに…。始めは他作品を連想しましたが、読み進むにつれ深みを増し、クライマックスでは深い感動が。驚きです。

林田編集長のコメント
 
8/21 COMITIA117出張編集部にて開催「絶対掲載新人賞」受賞作、決定!

賞金5万円+ベストキャラクター賞1万円+ベストニューフェイス賞1万円

「夜のヒーロー」三ヶ嶋犬太朗(16)○○件 31P

 

16歳の新星、鮮烈デビュー!「マガジンR」6号(発売中)に掲載!!

マガジンRチーフのコメント

セリフがとにかくカッコいい。絵はまだ粗削りですが、これからに期待!

マガジンRチーフのコメント

16歳の新星、鮮烈デビュー!「マガジンR」6号(発売中)に掲載!!

次回の「絶対掲載新人賞」は、2月のCOMITIA119にて開催予定!

惜しくも受賞は逃した最終選考進出作品「第三革命記念日」手名町紗帆(22)、「天津肉饅!!」児玉陽太(26)、「秘密は明日から」夏目友貴(18)、「仕方ないから言ってやる」白本綾音(22)、「悪魔売りの商人」美根孝亮(24)、「最終決戦兵器のソラとネル」有原明良(30)、「Book」麻生勇(24)、「ニア ブラック」ひととせひるね(22)、「水の京」夢弥(29)、「女子高のアレ」八神ちさ(30)、「ゴイチがGO!」上森裕文(29)

第35回 グランドチャレンジ林田編集長による全応募者作品へのコメントは、5月下旬公開予定!!

次回以降のグランドチャレンジの詳細はコチラ!!

ページトップ