講談社 コミックプラス

新人賞/アシスタント募集

2017年02月06日

第36回 月刊少年マガジン・マガジンR 新人漫画賞 グランドチャレンジ入賞者発表

第35回 月刊少年マガジン&マガジンR新人漫画賞グランドチャレンジ 過去最高の応募数からの入賞作は、キラリと光る超個性的才能ばかり!!
〈漫画部門〉佳作1本+特別奨励賞2本+奨励賞7本〈ショート漫画部門〉佳作1本〈ネーム部門〉奨励賞2本
特別審査委員 総評
山原義人先生
総評

作品全体のレベルは上がってると思います。ですが、既存のアニメや作品の影響を受けた作品が多かったように感じました。ただそれを良い意味で消化してオリジナル性を構築していってほしいです。また世界観の設定は実によく工夫してますが、反面キャラ設定の未熟さが顕著で残念でした。内容の割にページ数が多い作品が散見したので、物語の構成力を身につける努力が必要でしょう。

総評
新川直司先生
総評

総じて若い人が多くファンタジーものが多かったのは少年誌的にとてもいいことだと思いました。あとみなさん絵が上手い! 個性豊かで「プロより上手いんじゃね?」な作家さんもいました。絵描きにとってそれは大きな武器です。一枚の絵が人生を変えることもありますので妥協せずにしつこく描いてどんどん伸ばしてください。ヨッパライ編集者が言ってました。「読者を物語に連れて行ってくれるのはキャラクターだ。」万年ノロ編集者が言ってました。「作家だけが魅力的なキャラクターを作れる。魅力的なキャラクターを作れる人が作家なんだ。」漫画は読んでもらわなくては始まりません。「最後まで読めばわかる」では終わっているのです。1ページ目から読ませるアイデアをフルスロットルでぶち込んでいきましょう。読者を物語に連れて行けるのはあなた達だけです。

総評
特別審査委員 総評
特別審査委員 山原義人先生 新川直司先生 審査委員長 本誌 林田編集長 審査副委員長 マガジンRチーフ
〈漫画部門〉
佳作 賞金30万円+原稿用紙500枚+賞状
「エンドレスチェリーナイト」手名町紗帆(22)千葉県 43P
あらすじ

「ぼくは今日‥‥非童貞(おとこ)になります!」高1の蒼の自宅に、初カノが泊まりにくることに! 1つ年上の姉・灯にもなんとか根回し成功、外泊してくれるとの約束を取り付けた。しかし運命の日、部屋には灯によって、様々な“童貞卒業阻止”トラップが仕掛けられており!?


山原義人先生のコメント

実に読みやすい作品でした。読みやすさは作者の並ならぬ力量を表してます。画力、テンポ、セリフまわし、キャラ、ストーリー構成、全てがプロ級ですね。入選でも不思議でない作品でしたが、唯一もったいない点が話の狭さでしょう。最後まで姉弟のコメディで終始しており、そこからの発展性が見られなかった。弟の彼女のキャラ次第ではもっと話が広がる流れになったかなと思います。ですが全体としてはテーマの筋が通っており、話をブレさせないエピソードを選ぶ手腕には将来性を感じました。是非次の作品を読みたいですね。

山原義人先生のコメント

新川直司先生のコメント

とても丁寧で安心して読める漫画でした。見辛い場面もなく感情の動向もよくわかります。
主人公(男)の心情は痛いほど伝わりますね。(泣) 物語の展開のオチが透けて見えてしまったのでそこは裏切りが欲しかったところです。どうしても会話劇は顔、表情がメインの画面になりがちになってしまうので気を付けましょう。

新川直司先生のコメント

林田編集長のコメント

童貞喪失に燃える弟に協力する姉の狙いとは? 全編、読み手を愉しませようという姿勢に実力を感じます。でもあえて厳しいことを言うと主人公に乗りにくい。彼女のどこが好きなんだろう? 心理のリアル感をもう少し。姉のキャラは魅力的!

林田編集長のコメント
「エンドレスチェリーナイト」手名町紗帆(22)千葉県 43P
特別奨励賞 賞金20万円+“恋愛”漫画優秀賞3万円+原稿用紙500枚+賞状★“恋愛”漫画優秀賞★
「俺のラブコメは危険すぎる」石田万(20)神奈川県 42P
あらすじ

戦国センリは、硬派なヤンキーとして学校で評判。しかし本心ではラブコメ漫画のような恋に憧れていた。そんな彼の前に現れたのは火星の姫・ギィ! 「あなたのお嫁になりたい」という美少女に胸を躍らせるセンリだが、想像を超えたエイリアンの生態に振り回され!?


山原義人先生のコメント

宇宙人と人間のラブコメは定番すぎる感はありますが、宇宙人のヒロインの設定が従来の特徴と違い面白いです。アイデアの着眼点は良いセンスを持ってますね。ただそのアイデアを生かす描写が主人公とヒロイン二人の掛け合いだけで進む展開が多すぎ。もっと主要キャラ以外のモブキャラを絡ませたリアクションがあると更に面白い作品になったでしょう。

山原義人先生のコメント

新川直司先生のコメント

楽しく読めました。脇役のチャチャが楽しいです。女の子のけなげさもはよく伝わって来ましたが中盤がちょっと単調だと思いました。エピソード尺でリズムをつけてもよかったですね。個人的にお湯を浴びた姿が好きなのでアレでワンエピソード見たかったです。

新川直司先生のコメント

林田編集長のコメント

長身強面の主人公、ケンカ無敵も女には…? という一見ありがちな主人公をとてつもないラブコメに引っ張り込む設定力が素晴らしい。読みやすさも抜群で、読者がドン引きしかねないヒロインも可愛く見せました。

林田編集長のコメント
「俺のラブコメは危険すぎる」石田万(20)神奈川県 42P
特別奨励賞 賞金20万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状
「魔女の子」ファム・カン・トゥン(22)埼玉県 69P
あらすじ

魔女の子・リンは亡き母の意志を継ぐため魔法学校へ入学しようとする。しかし、応募可能な年齢を満たしていないため入学試験が受けられない。それでも食い下がるリンに試験官は折れ、特別に試験を受けることを許可するが…。


山原義人先生のコメント

魔法の世界を自分なりに構築している点は良いと思います。作品のテーマも復讐より未来を目指すことは少年誌らしい。でも長い話の一部分を読み切りにするにはまだ力量不足ですね。特に話の核となる母魔女の死因や魔法使いになる理由が母の復活だと後出ししては主人公の行動は読者に伝わりにくいし感情移入も難しいです。自分の世界観を読者に伝えるには話の構成をもっと勉強しましょう。

山原義人先生のコメント

新川直司先生のコメント

世界観を持ってる作家さんです。背景も個性があり素晴らしいのですがキャラがその背景に埋もれてしまっています。もう少し線を整理できるといいですね。戦闘シーンは見応えあるのですが読み切りにしては長くメリハリが足りません。見せたいことを厳選しつつコマの大小でページをめくらせる工夫をしましょう。あとはこの画力があれば言うことなしです。欲を言えばやはりもう少し物語を読みたかったですね。

新川直司先生のコメント

林田編集長のコメント

魔女を志す主人公、その心に秘められた思いは? よくあるタイプの話かと思いきや設定は練り込まれていて、ドラマ性が高かった! セリフも要所で刺さってきて、思わず引き込まれました。もう少し短ければなお良し。

林田編集長のコメント
「魔女の子」ファム・カン・トゥン(22)埼玉県 69P

奨励賞 賞金15万円+山原義人先生特別賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「「兄と七海と不思議の塔」三文亭(24)茨城県 62P

★山原義人先生特別賞★

山原義人先生のコメント

話の内容は自分の好みだったので選びました。ただ残念なのは主人公達のバックグラウンドが希薄な点。兄が妹を守る理屈付けが交通事故だけでは弱い。例えば兄妹が施設育ちで親がいない境遇なら兄が妹を執拗に守るという行動規範も納得出来るし、話に奥行きが出るでしょう。次回作に期待します。

山原義人先生のコメント
林田編集長のコメント

地獄行きもある異世界に引き込まれた兄妹は、いかに生き抜くのか…? 好きなもの、好きな事を深く考えて描いている姿勢が伝わってきて、ともすれば辛いお話を読み進める力となっています。ラストは泣けました。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+林田編集長特別賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「問題のない教室」明日葉(23)埼玉都 30P

★林田編集長特別賞3万円★情景の一つ一つが心に刺さった。言葉選びのセンスとともに、買います。

林田編集長のコメント

飛び降り自殺する寸前のJKの目に映ったもの、それは…。この作品は心に刺さります。悲惨な状況を描きつつ、どこか明るい。縄跳びの見せ方、死にたがっている二人の不思議な関係、そしてタイトル、全て秀逸。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「ひだまりの剣」佐倉光(25)大阪府 53P

「ひだまりの剣」佐倉光(25)大阪府 53P

林田編集長のコメント

聖剣を引き抜いたものが勇者となる世界、達成したのは意外にも? 「守りたかった好きな子が勇者となってしまった」という設定は超強力! 主人公も○。佐倉さんの課題は、一にも二にもこの世界を支える画力でしょう。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「植物が生きる家」きのこの欠(22)熊本県 52P

「植物が生きる家」きのこの欠(22)熊本県 52P

林田編集長のコメント

死すら過去のものになったロボットの世界、人間は汚染物でしかなく…。社会とは、幸福とは、人とは、という大きく重いテーマを扱った良作。難しい設定ながら、最後まで感情の機微を描き切ったところを買います!

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「綴じ目のシオラ」朽鷹みつき(24)東京都 46P

「綴じ目のシオラ」朽鷹みつき(24)東京都 46P

林田編集長のコメント

目隠しのままマフィアと渡り合う用心棒、その正体は? 正直お話も絵もプロレベル。多少少年漫画では掲載しづらい部分もありますが、主人公はこのまま連載でもおかしくないくらいです。さらなる構想を聞きたい一人!

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「禁断衛生」三ヶ嶋犬太朗(16)東京都 31P

「禁断衛生」三ヶ嶋犬太朗(16)東京都 31P

林田編集長のコメント

「ややこしくならないうちに言っておこう ワタシは土星人だ」こんなセリフが出てくるのにラブ感覚を呼び起こす感性は、この年齢にして40作目というキャリアとともに只者ではナイ! 恋愛を語るセリフの切れも○。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「スターマイン」みゆき(24)愛知県 52P

「スターマイン」みゆき(24)愛知県 52P

林田編集長のコメント

昼が来ない国を救うために、主人公に下った使命とは? 摑み力が強く、ヘビーな状況でも軽く笑わせる描写、女性が泣くシーン、バトルの迫力など見せ所満載で、記憶に残る作品でしたね。最後明かされる秘密にも拍手。

林田編集長のコメント
 
〈ショート漫画部門〉 佳作 賞金20万円+マガジンRチーフ特別賞3万円+原稿用紙300枚+賞状
「天使と悪魔と私」八木ひつじ(28)福岡県 32P
あらすじ

女子高生の小和は、二人の少女と一緒に暮らしている。悪魔なのに人の魂が奪えない、怖がりで無邪気な幼女マロン。天使なのに、カップルに嫉妬したりBL本を隠し持っているレイラ。ポンコツな天使と悪魔に挟まれて暮らす、ほんわか日常ショートストーリー!


山原義人先生のコメント

ダメキャラによる会話劇の秀逸さは商業誌で連載していても不思議でないほど。読み切りとしては諸問題ありますがこのようなアプローチも漫画の自由度を鑑みればありかと思います。あと主人公の家族も絡ませればもう少しカオスの展開に幅が出たでしょうね。

山原義人先生のコメント

新川直司先生のコメント

楽しく読めました。女の子が可愛いしキャラも立ってるしほんわかするしで何も言うことないです。タイトルページで若干ネタバレするのでもっと後ろに持って行った方がいいなぁ~くらいです。

新川直司先生のコメント

林田編集長のコメント

「悪魔」「そう呼称される亜人が存在する」…というイントロからはまったく想像もつかない2ページ目ですでに脱帽。一言、プロの作品です。商品性も高く、すでに連載を睨むレベルと言って差し支えない才能です。

林田編集長のコメント
★マガジンRチーフ特別賞★天使と悪魔が登場する、ある意味よくある作品ですが…各キャラクターに個性があって、とても可愛い!「マガジンR 2号」(2月20日発売)に掲載決定!!
〈ネーム部門〉

奨励賞 賞金5万円+新川直司先生特別賞3万円+ネーム用紙500枚+賞状

「人を呪わば恋歪」桑野圭輝(22)東京都 69P

★新川直司先生特別賞★

新川直司先生のコメント

いや~怖いですね~。目にみえる呪いのアイデアも良いし結末を見てからの作品の印象がガラリと変わるのが素晴らしい。時折ドキッとさせられるセリフもあって唸ってしまいます。途中会話劇になってしまうので登場人物の説明に回想や絵を使えば目が飽きないし、より説得力も増します。画力のある作家さんと組めば魅力的な作品になること間違いなしです。

新川直司先生のコメント
林田編集長のコメント

何でも相談し合う同士、キョースケとリナ。今日の二人の案件は? イントロからは想像もつかない展開に次ぐ展開、最後まで意外性に満ちた物語を仕上げる構成力に驚嘆。ネーム原作という形で出す意味の深い作品です。

林田編集長のコメント

奨励賞 賞金5万円+ネーム用紙500枚+賞状

「ロボット・メイク・ガール」佐藤一樹(25)千葉県 65P

「ロボット・メイク・ガール」佐藤一樹(25)千葉県 65P

林田編集長のコメント

人間とロボットが限りなく近づいた世界、そこに生きる人間の思いとは? ディテール描写が優れているため読者を放しません。ロボットに憧れる人間女子の丹念なメイクシーン、なんて今まで見たこともない気がします。

林田編集長のコメント

惜しくも受賞は逃した最終選考進出作品★“恋愛”漫画優秀賞 3万円★「前の席の鈴木くん」とぼろ(23)「Dear My Hero」松下栞奈(19)、「ジャーム 廃棄物分解微生物」芽瑠藻(26)、「キョンシーストリート」服部嘉幸(25)、「カミングアウト女子会」森野シン(20)、「君と見た景色」高岸かも(23)、「私は絶対に裏切らない明智です。」高岡佳史(27)、「陣」柚木﨑弘樹(20)

第36回 グランドチャレンジ林田編集長による全応募者作品へのコメントは、5月下旬公開予定!!

次回以降のグランドチャレンジの詳細はコチラ!!

ページトップ