講談社 コミックプラス

新人賞/アシスタント募集

2019年05月07日

第45回 月刊少年マガジン・マガジンR 新人漫画賞 グランドチャレンジ入賞者発表

受賞作14本!! 引き続き増加傾向にあり!
漫画部門〉佳作1本+特別奨励賞1本+奨励賞12本

八神ひろき先生
総評

 上位の4作品と奨励賞の方々の作品との間には、やはり選ばれるだけの差を感じました。50ページ前後という範囲の中にどれだけの物語が入るか、大風呂敷を広げすぎては薄っぺらなものになってしまいます。想像力は勿論大切ですが、その中にはリアリティが必要不可欠です。ファンタジーな世界を描いても、登場人物まで全員ファンタジーでは読者はなかなかついていけません。その空想の世界に生きているんだというリアリティを表現することを心掛けて下さい。

総評
要マジュロ先生
総評

 新人賞に応募された皆さま、お疲れ様です! 今回、拝見したどの作品もその作家の強みであろう要素を活かしており、とても読み応えがありました。中でも準入選の『先輩とクラリネット』は漫画としての地力が非常に高く、読んでいる際に気持ちよく目を動かすことができました。この作品で特に良かったコマ割りやセリフ(吹き出し含む)は、漫画の中でのリズムを作りだす上で非常に重要な要素で、そこの良しあしで作品の読後感が変わってきます。せっかく頑張って制作した絵やシナリオを活かすためにも、この辺りもしっかりと意識しておくといいのかもしれません。これからも頑張ってください!

総評
特別審査委員 総評
特別審査委員 前川たけし先生 村枝賢一先生 審査委員長 本誌 高見編集長審査副委員長 マガジンRチーフ
〈漫画部門〉
準入選 賞金50万円+要マジュロ先生特別賞3万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状+CLIP STUDIO PAINT EX+Wacom Intuos Pro Medium
「先輩とクラリネット」山本誠志(23)兵庫県 52P
あらすじ

不器用で未熟なクラリネット吹き・イブキは、全国屈指の実力を持つ先輩・花音に対抗心メラメラ。「好きは負けたくないと同質なんだ」恋にも不器用な彼は、対等に上手くなり告白するため、練習を重ねるが…? 思いよ、音に乗り届け。青春×音楽×恋物語!


八神ひろき先生のコメント

ページをめくる度にドキドキして審査してる事を忘れて読んでしまいました。表情やセリフとは裏腹の思春期の男の子が持っている心理描写が絶妙です。そしてクラリネットから溢れ出てくる音を、音符ではなくパーツのキイの絵にしたり花にしたりという個性溢れる画面作り、楽器だけでなく校舎内に自然に存在する様々な音が画面の至る所から聞こえてくるかのようでした。10代の持つ繊細な人間性をこれからもどんどん描いて欲しいです。

前川たけし先生のコメント

要マジュロ先生のコメント

おもしろかったです! 漫画がすごくお上手ですね。演奏中の視覚的表現に華があり、女の子も可愛くて◎! 何よりコマ割りとセリフ回しが素晴らしい…! 「ここを見せたい!」というコマに目がしっかり止まるよう画面が作られているので、読んだ後の余韻が大きく残りました。作中でやるべきことをキチンと果たせた主人公が、これからどう成長していくのか…思わず知りたくなる素晴らしい作品でした。そして、この次の作品も是非読んでみたいです…!

村枝賢一先生のコメント

高見編集長のコメント

青春の切ない想いが丁寧に折り重なっていて、とても感動しました。台詞とコマ割りのリズムを合わせる演出は、非常にハイレベルです。絵柄にもセンスが溢れていますが、一枚の絵で強烈な印象を残せるよう、さらに精進してほしいです。

高見編集長のコメント
★要マジュロ先生特別賞★ ★CLIP STUDIO PAINT EX & Wacom Intuos Pro Medium進呈!★
佳作 賞金30万円+マガジンRチーフ特別賞3万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状+CLIP STUDIO PAINT PRO
「ハピエル」ますおぱんだ(24)茨城県 37P
あらすじ

ある日、学校から帰る途中、突然トラックにはねられた。それで頭を打ったせいか、それ以来『謎のクマ』が見えるようになってしまった。しかもコイツが、下品で暴力的で変態でセクハラ野郎なクマで、そして、実はヤバい天使だった!


八神ひろき先生のコメント

お笑いのコントネタを映像化したような世界で、とてもテンポがよく、クマの表情が最高で最後まで笑かしていただきました。色々とつっこみどころは満載なのですが、こぎれいに直してしまってはこのアホ過ぎるパワーは伝わらないし、今の月マガにはない貴重なジャンルなので、この勢いのまま突き進んで下さい。

前川たけし先生のコメント

要マジュロ先生のコメント

天使のクマをはじめとする強烈なキャラクター達と女の子の可愛さが際立つ作品でした。キャラの会話も楽しく、所々下ネタも入ってて最高…!笑 それだけに背景やトーンの処理、吹き出しの描き方等がもう少しだけ丁寧だったら、もっと見応えが良くなるのにな~…と思う箇所が結構ありました。

村枝賢一先生のコメント

高見編集長のコメント

ちょいエロな巨乳JKに、不愉快なクマ(天使)…とにかくキャラクターが生き生きしていて、楽しめました。後半がやや冗漫に感じましたが、台詞のテンポは一級品! 即戦力と見ましたので、早々に月マガでの連載を期待しています。

高見編集長のコメント
★「マガジンR 4号」に掲載!★   (6月20日(木)発売) ★CLIP STUDIO PAINT PRO進呈!★
佳作 賞金30万円+八神ひろき先生特別賞3万円+原稿用紙500枚+賞状+CLIP STUDIO PAINT PRO
「BOMB」大瀬戸陸(17)広島県 50P
あらすじ

青春は爆発だ! クラスでイジメられてる戸崎は、爆弾作りが趣味。そんなある日、同級生・桜に秘密がバレてしまうが、彼女は「学園祭を爆発させよう」と言い出し――!? 少年少女は誰しも心に爆弾を抱えている。暗く爽やかな青春物語!


八神ひろき先生のコメント

静かに、そして着々と進んでいく企て…、途中に入る障害…、こうなって欲しいけどそれってヤバイよね…と思わせる展開に引き込まれました。主人公と周囲のキャラたちとのかかわり方の変化が絶妙で、現実的にあってはならない事なのですが応援してしまう。ラストの2人の笑顔が正にカタルシスで最高でした。大人になってしまった私たちが忘れてしまっている等身大の学生たちの心情を、外連味なく、細かく、丁寧にコツコツと積み重ねて表現している所がとても好きです。オーバーな漫画的表現ではなく、このじれったく切ない感覚を、これからも作品にしてくれることを楽しみにしてます。

前川たけし先生のコメント

要マジュロ先生先生のコメント

作品全体から漂うダウナーな空気…とても良いですね。こういう雰囲気の漫画を巧みに描ける人、憧れます。そんな陰鬱としたキャラや雰囲気からのラストのカタルシスがこれまたすごく爽快で…! しかもこれで作者の方は17歳という若さだから凄い! キャラのデザインがもっと区別が付きやすいと更に良くなるかも…と思いました。

村枝賢一先生のコメント

高見編集長のコメント

観察眼の鋭さゆえでしょうか、高校生活の中に漂う空気感を絶妙に描き出しています。ただ、「見えてるのに描けない」悔しさは、作者が一番痛感していることでしょう。次回作では「見えない世界を想像して描く」ことにも挑戦してみては?

高見編集長のコメント
★八神ひろき先生特別賞★ ★CLIP STUDIO PAINT PRO進呈!★
特別奨励賞 賞金20万円+高見編集長特別賞3万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状
「座敷童とたたりもっけ」クスノキ陽菜(17)鳥取県 48P
あらすじ

貧しい村に2匹の妖怪がいた――家を守り豊かにする「座敷童子」、家を祟り呪う「たたりもっけ」。赤子にして間引かれ、親に命を奪われた…同じ境遇でも対照的な2匹が出会い、たどり着く答えは――? 「幸」か「不幸」か、「赦し」か「復讐」か…。


八神ひろき先生のコメント

漫画ってこーゆう表現方法も出来るんだーって感心させられました。あの姿が変わった時の絵のインパクトは、とてつもなく心を奪われるくらい印象的で、最後は私の心が浄化されたかのようにシンクロしてしまいました。年齢は関係ないかもしれませんが、この画力、そしてそれを生かした大ゴマの見せ方…末恐ろしいです。

前川たけし先生のコメント

要マジュロ先生のコメント

黒ベタのきいた画面作りと鬼気迫るキャラクターの表情が印象的でした。特にフクロウの顔は多彩でインパクト大で…本当にすごかった。話がほとんど2人(羽?)の会話劇で構成されていたので、少年漫画としては、もしかしたらもう少し動きのある展開があったら、話全体にメリハリが効いて更に良くなるかと思います。

村枝賢一先生のコメント

高見編集長のコメント

濃密な風景描写に支えられて、2体の妖怪のリアリティが際立っていました。単純な救いを拒絶しながら、相矛盾した主張から逆説的に人間性を描こうとするラストは見事です。今作は終始「会話劇」でしたので、次回作ではキャラの行動を伴うスペクタクルに期待しています。

高見編集長のコメント
★高見編集長特別賞★

賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「獄サツ」古城哲士(22)和歌山県 44P

「獄サツ」古城哲士(22)和歌山県 44P

高見編集長のコメント

「地獄警察」という設定を体現したキャラクターは◎。「~であります」という口癖、思わず真似したくなりました。ストーリーにやや意外性が足りず、バトルシーンも迫力不足。ぜひ研究して、キャラの魅力をさらにUPさせましょう。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「レオ」小高優大(20)大阪府 40P

「レオ」小高優大(20)大阪府 40P

高見編集長のコメント

3度目の受賞ですが、画力に格段の進化が見られます。「描きたいことを描ける」武器を手に入れましたね! 今作では、物語の軸とアイデアとが上手くかみ合っていない印象です。そのせいでキャラもやや弱く感じられてしまいました。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+ベストインパクト賞1万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「ぼくらの日々」林里美(19)大阪府 54P

★ベストインパクト賞★

高見編集長のコメント

細かい描写が巧みで、1ページあたりで表現できる量がずば抜けています。ストーリーも青春ものかと思いきや、実はホラーで驚きました。作者が描きたいことだけでなく、「読者が読みたいこと」を意識できれば、無敵になれる逸材かと。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「Shell Ring」あにき(22)埼玉県 47P

「Shell Ring」あにき(22)埼玉県 47P

高見編集長のコメント

キメラというアイデアに新味はないものの、カタツムリの能力を使ったバトルは初めて読みました。特に女の子の絵が可愛くて、大きな魅力があります。反面、仕上げの雑さが目立つので、もっと作画で粘りましょう。次回はキメラ以外のアイデアで!

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+ベスト画力賞1万円+原稿用紙500枚+賞状

「Dazzling Day」戸賀環(23)埼玉県 58P

★ベスト画力賞★

高見編集長のコメント

画力の向上には目を見張るものがあります! 2人のキャラの違いが弱く、だんだん同じ性格に見えてきてしまいました。物語の展開も、基本的に局面が変わらないので、もっと明確にピンチ感を強めるなど、工夫してみてください。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+原稿用紙500枚+賞状

「這えば立て、立てば歩めの妖心」急式ひろひろ(21)埼玉県 43P

「這えば立て、立てば歩めの妖心」急式ひろひろ(21)埼玉県 43P

高見編集長のコメント

青春映画を観たかのような読後感でした。描写力は相当なもの。ただ、前作と同じく主人公が不在で、読者にとって感情を動かすポイントがありません。「誰についての、何の話なのか」を意識すれば、ずっと読みやすい作品が描けるはずです。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「MAGUKICHI」松下七彩(19)大阪府 38P

「MAGUKICHI」松下七彩(19)大阪府 38P

高見編集長のコメント

冒頭の語りから台詞のリズムが良く、豊かな可能性を感じます。アイデアも面白くてワクワクしました。課題は画力ですね。作者の脳内で流れる映像を、質を落とすことなく表現できるよう、鍛えてください。キャラの描き分けにも注意です!

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金15万円+初投稿賞3万円+原稿用紙500枚+賞状

「ドール」龍輪周大(22)東京都 50P

「ドール」龍輪周大(22)東京都 50P

高見編集長のコメント

アイデアがたくさん詰まっていて、サービス精神を感じます。最初は嫌味な主人公を、ラストでは応援したくさせる力量は見事でした。やや一本調子な展開と、画力が課題でしょうか。あの手この手で読者を楽しませる作家になってください!

高見編集長のコメント
〈ショート漫画部門〉

奨励賞 賞金10万円+原稿用紙300枚+賞状

「お忘れものをお届けにまいりました。」江藤瞳(21)神奈川県 18P

「お忘れものをお届けにまいりました。」江藤瞳(21)神奈川県 18P

高見編集長のコメント

可愛い絵柄を丁寧に仕上げているのが素晴らしいです。読者の心にふんわりと寄り添う、そんな作風ですね。うさぎのキャラが、可愛い以外に特徴が薄いのが残念でした。もっと要素を増やして、読者にキャラを深く愛してもらいましょう。

高見編集長のコメント

奨励賞 賞金10万円+原稿用紙300枚+賞状

「THE DOGS」サーレス・レオナルド(19)愛知県 16P

「THE DOGS」サーレス・レオナルド(19)愛知県 16P

高見編集長のコメント

ギャングに対する強い美意識を感じます。カッコよかった! ただ、長大な物語の冒頭部分といった印象ですね。次回作では、主人公がどんな運命に巻き込まれ、どんな結末を得るのか、最後まで描いてください。楽しみにしています!

高見編集長のコメント

惜しくも受賞は逃した最終選考進出作品

第44回グランドチャレンジ高見編集長による全応募者作品へのコメントは、後日公開予定!!

次回以降のグランドチャレンジの詳細はコチラ!!


ページトップ